「不動産の購入」 一覧

中古住宅探しに疲れましたか?おそらく探し方を間違えています。

中古住宅探しに疲れましたか?おそらく探し方を間違えています。

中古住宅探しに疲れるのは、探し方が間違っている証拠です。なぜ中古住宅探しに疲れることが、中古住宅の探し方が間違っている証拠なのか?どうすれば良い中古住宅が見つかるのか?について、丁寧に解説していきます。ほんの些細な視点のずれが原因なので、読んでいただければ、あなたの中古住宅探しが好転します。

路線価を使って中古住宅の最低資産価値(土地の価格)を計算する方法

【中古住宅の購入】路線価による最低資産価値(土地価格)の計算方法

路線価を使って中古住宅の最低資産価値(土地の価格)を計算する方法について解説している記事です。中古住宅を購入するときには、比較検討がもっとも難しく、とくに建物価値がブラックボックスになります。中古住宅の購入前に、より正確な比較検討を行うためには、「中古住宅の土地価格」「中古住宅の建物価格」を切り離さなければいけません。路線価を活用して、中古住宅の最低資産価値(土地の価格)を計算し、建物価値を割り出す第一歩について解説します。

中古住宅の建物価値を割り戻して「割高・割安」を比較する方法

【中古住宅の購入】建物価値を割戻して「割高・割安」を判断する方法

中古住宅の建物価値を割戻して「割高・割安」を比較する方法について解説している記事です。中古住宅を購入するときには、比較検討がもっとも難しく、とくに建物価値がブラックボックスになります。中古住宅の建物価値を比較するためには、「1. 中古住宅の最低資産価値(土地の価格)を計算する」「2. 中古住宅の建物価値を計算する」「3. 中古住宅の建物条件について整理する」という手順を正しく行う必要があります。シュミレーションを交えながら、どのように比較するのか解説します。

中古住宅を比較・検討するときに整理すべき土地条件

【中古住宅の購入】比較・検討をするときに整理すべき土地条件

中古住宅を比較・検討するときに整理すべき土地条件について解説している記事です。中古住宅を購入するときには、比較および検討をしっかり行うことが重要です。ひと手間を惜しんで、「不動産ポータルサイトの情報」「不動産業者の物件資料」を、そのまま眺めていると、重要な情報を見落とす可能性が高まります。場合によっては、致命的な欠陥につながる恐れがあるので、必ず整理すべき土地条件と理由について解説します。

中古住宅を比較・検討するときに整理すべき建物条件

【中古住宅の購入】比較・検討をするときに整理すべき建物条件

中古住宅を比較・検討するときに整理すべき建物条件について解説している記事です。中古住宅を購入するときには、比較および検討をしっかり行うことが重要です。ひと手間を惜しんで、「不動産ポータルサイトの情報」「不動産業者の物件資料」を、そのまま眺めていると、重要な情報を見落とす可能性が高まります。場合によっては、致命的な欠陥につながる恐れがあるので、必ず整理すべき建物条件と理由について解説します。

中古住宅の購入における「申し込み(買付証明)」の重要性

【中古住宅の購入】「申し込み(買付証明)」の重要性

中古住宅の購入における「申し込み(買付証明)」の重要性について解説している記事です。中古住宅を購入するときには、申し込み(買付証明)をほぼ必ず発行します。申し込み(買付証明)によって、「売主との具体的な交渉段階に入る」「中古住宅の仮押さえが完了する」ことになるのですが、注意すべきことが多くあります。交渉を進めていくためにも、悪質業者に騙されないためにも重要な意味を持つ書類なので、性質についてしっかりと理解をしておきましょう。

中古住宅の詳しい資料(図面など)がないと言われたときの対処方法

中古住宅の詳しい資料(図面など)がないと言われたときの対処方法

中古住宅の詳しい資料(図面など)がないと言われたときの対処方法について解説している記事です。とても気になっている中古住宅があり、どうしても資料を手に入れたいという場合の対処法についてまとめています。

都市計画区域外の中古住宅は住宅ローンが使えない可能性がある

都市計画区域外の中古住宅は住宅ローンが使えない可能性がある

都市計画区域外の中古住宅と住宅ローンの借入要件の関係について解説している記事です。都市計画区域外の中古住宅と住宅ローンの借入要件の関係について、「都市計画区域の概要」「一般的な住宅ローンの借入要件」「どのような中古住宅が都市計画区域外に位置しているのか」「都市計画区域外かどうか調べる方法」を解説しています。

抵当権が設定されている中古不動産を購入するときの注意点

抵当権が設定されている中古不動産を購入するときの注意点

抵当権が設定されている中古不動産を購入するときの注意点について解説しています。抵当権が設定されている中古不動産を購入するときには、「契約日までに抵当権が抹消できること」「売買契約書に停止条件を記載すること」に注意してください。

no image

建売住宅は「不動産業者」よりも「建売業者」から直接購入した方が良い

建売住宅は「建売業者」から直接購入した方がよい理由について解説している記事です。建売業者から直接購入をしない場合、あなた(買主)には、基本的にデメリットしかありません。どのような点でデメリットが発生するのか、くわしく解説しています。

no image

境界確定されていない土地の売買契約を結ぶ危険性について

境界確定されていない土地の売買契約を結ぶ危険性について解説しています。危険な理由および確認方法について触れています。

土地の購入予算を決める

土地の予算をマイホームの建築費がわからなくても正しく決める方法

マイホームの建築費用がわからなくても、土地の購入予算を正しく決めることはできます。正しい土地の購入予算を決めずに、不動産屋さんに言われたままに話をすすめると、マイホームを建てるときに必ず困ることになります。なかなか骨の折れる作業ですが、とても大事な土地の購入予算の決め方について、くわしく解説します。

土地選びは「あなたに必要な条件」を整理すると間違いがない

土地選びは「あなたに必要な条件」を整理すると間違いがない

土地を選ぶときには、土地の条件を整理します。 土地選びの条件は、人によってそれぞれ異なります。 一般的には、 日当たりのよい南向き 交通量は少ないが、広めの前面道路 近くに便利な施設がたくさんある 子 ...

「工務店」を狙って土地の値引き交渉を上手にすすめる方法

「工務店」を狙って土地の値引き交渉を上手にすすめる方法

土地の値引き交渉では、起点がどこにあるのかによって結果が大きく左右されます。より上手に土地の値引き交渉をすすめるのであれば「工務店」を狙ってください。土地を買うのであれば、「不動産屋」に依頼するのが一般的ですが、値引き交渉という意味ではあまり賢い選択ではありません。この記事では、工務店を狙って土地の値引き交渉を上手にすすめる方法について、くわしく解説しています。なぜ「工務店」を狙うべきなのかについて、利益構造からはっきりとわかるようになっています。また、値引き交渉をすすめるための「鉄則」についても触れています。

土地の購入にかかる費用および節約方法

土地の購入にかかる費用および節約方法

土地の購入では、さまざまな費用がかかります。土地の購入代金以外に、諸費用として「1割強~2割前後」は別の費用がかかるものと考えてください。ただし、「税金の優遇制度」「購入する土地の条件」によっては、費用を大幅に圧縮することも可能です。この記事では、土地の購入にかかる費用について詳しく解説しています。項目ごとに詳しい説明が必要な場合には、個別の記事を用意しています。個別記事では、費用を圧縮するためのヒントについても解説しています。しっかりと節約をしていけば、数百万円ちかく費用が安くなるので、賢く土地を購入できるようにしましょう。

騒音に悩まされない「静かな土地」を探すコツ

騒音に悩まされない「静かな土地」を探すコツ

夜、眠りにつくときには静かなことがとても大事です。騒音トラブルに巻き込まれると、夢のマイホームが一瞬で崩れ去ってしまいます。騒音トラブルを抑えるには、高気密高断熱住宅にすることで「遮音効果」を高めるのも有効です。しかし、そもそもうるさくなりにくい土地を選ぶことも大事です。この記事では、騒音に悩まされない「静かな土地」を探すコツについて解説しています。人の声、車の音、風の音など、さまざまな騒音の原因をできるだけ遠ざけるにはどうすればよいのか考えてみましょう。

ネットには出ない?いい土地が見つからないときに試してほしいこと

ネットには出ない?いい土地が見つからないときに試してほしいこと

ネットには、いい土地が出ないとよく言われます。本当のところをいうと、ネットにはいい土地が出ないのではありません。「いい土地はネットに出ても、すぐに売れてしまう。」が正しい解釈です。ですので、「いい土地が見つからない。」のではなく、「いい土地を見逃している。」が問題の本質になります。この記事では、いい土地が見つからないときに試してほしいことについて解説しています。ネットに出てきても、すぐに売れてしまういい土地を見逃さない方法について解説しているので、ひとつひとつ試してみてください。

中古マンションの値引き交渉は、相場価格と不動産業者を味方にしろ!

中古マンションの値引き交渉は、相場価格と不動産業者を味方にしろ!

中古マンションの値引き交渉では、「不動産業者・不動産相場」の2つを味方につけられるかどうかがカギを握ります。不動産の仲介取引では、「売主・買主・不動産業者」の3者が登場します。中古マンションを買いたいときには、「売主」にばかり意識が行きがちですが、実際に価格をコントロールしているのは、「不動産業者・不動産相場」です。この記事では、中古マンションの値引き交渉を上手にすすめるための鉄則について、詳しく解説します。手順に沿って理解を深めることで、中古マンションを値引きするコツが見えてくるので、取引の参考にしてください。

【どっち?】義両親(義父母)の実家相続によるマンション購入の問題

【どっち?】義両親(義父母)の実家相続によるマンション購入の問題

義両親(義父母)とのトラブルは、日本中どこにでもあるものですが、どれも根が深いものです。嫁・婿に来たものからすれば、「両親とはいえ、義理。どこまでいこうが他人だよ。」という思いが根底にあります。正月やお盆など、会わざるを得ないイベントは憂鬱以外の何物でもなく、もはや修行のような心持ちで挑む方も多いでしょう。子育てひとつとってもそうですが、「金は出しても、口出すな。」とはよく言ったものです。ちょっとしたイベントくらいは我慢できますが、衣食住など生活に密接することとなれば「話は別。」です。この記事は、義両親(義父母)の実家を相続するのが「さも当たり前」のように要求されてしまった方に向けた記事です。心情的な問題と金銭的な問題が複雑にからみあっていますが、ひとつひとつ整理しながらひも解いていきます。あなたのケースに重ねながら、考えてみていただけると幸いです。

ずっと交渉中(契約予定)で買えない中古物件(専任媒介)を買う方法

ずっと交渉中(契約予定)で買えない中古物件(専任媒介)を買う方法

一生懸命探して、やっと見つけた買いたい中古物件。しかし、不動産業者の自己中心的な理由に邪魔をされて変えないことがあります。この記事では、ずっと交渉中(契約予定)で買えない中古物件(専任媒介)を買う方法について解説しています。

利便性が決め手!50代以降で中古マンションに住み替える人は72.4%!

利便性が決め手!50代以降の中古マンション購入者は72.4%!

50代でマンションを購入するとなれば、 住宅ローンは借りられるのだろうか? 賃貸のほうがいいのではないか? 介護が必要になったら、どうすればいいのか? 老後資金を使ってもいいのだろうか? など、様々な ...

越境問題:購入予定の中古住宅の隣家の塀が地境を越えている時の対処

越境問題:購入予定の中古住宅の隣家の塀が地境を越えている時の対処

中古住宅を購入するときには、いろいろなことに注意をしなければいけません。 そのひとつが「越境問題」です。 中古住宅を購入するときには、敷地の調査を行います。 具体的には、土地家屋調査士に依頼して、地境 ...

中古住宅・マンションの適正な購入予算を正しく計算する方法・考え方

中古住宅・マンションの適正な購入予算を正しく計算する方法・考え方

中古住宅・マンションを購入するのであれば、あなたに合った購入予算を正しく計算する必要があります。 あなたのライフスタイルに合った購入予算がわからないまま、銀行や不動産屋の言われるがままに購入するのは危 ...

中古住宅選びの条件3:一家を守るために絶対考えるべき再販性リスク

中古住宅選びの条件3:一家を守るために絶対考えるべき再販性リスク

家の購入で失敗するリスクを下げる簡単な方法をご存知でしょうか?その家を売ることを考えながら見ることです。直感的に「売れなさそうだなぁ」と思った家は、本当に売れません。売れたとしても、大幅に損をする可能 ...

中古住宅選びの条件2:居住予定年数から考える3つのライフスタイル

中古住宅選びの条件2:居住予定年数から考える3つのライフスタイル

新築住宅を購入した場合、死ぬまで同じ家(場所)に住み続けるのが普通です。定年まで住んで、退職金などでリフォームや建替えをして老後を過ごすという流れですね。 中古住宅を購入した場合、新築住宅の一般的な流 ...


あなたが次に困るかもしれないこと・Ad

Copyright© わかった!不動産 , 2022 All Rights Reserved.