「中古住宅の購入」 一覧

中古住宅選びの条件2:居住予定年数から考える3つのライフスタイル

中古住宅選びの条件2:居住予定年数から考える3つのライフスタイル

新築住宅を購入した場合、死ぬまで同じ家(場所)に住み続けるのが普通です。定年まで住んで、退職金などでリフォームや建替えをして老後を過ごすという流れですね。 中古住宅を購入した場合、新築住宅の一般的な流 ...

中古住宅選びの条件1:人生を豊かにする適正な予算の決め方

中古住宅選びの条件1:人生を豊かにする適正な予算の決め方

中古住宅選びで後悔しないためには「適正な予算」を守ることがとても大事です。あなたが悩んでいるとおり、適正な予算を守らずに多額の住宅ローンを組んでしまうことで、人生設計そのものが狂うこともあります。 し ...

あなたに最適な中古住宅選びの条件を設定する理由

あなたに最適な中古住宅選びの条件を設定する理由

その道のプロと呼ばれる不動産業者でさえ、あまり手を出したがらない中古住宅。一方、コツを掴んだ不動産投資家は好んで中古住宅の売買を繰り返します。 中古住宅とは、果たして怖いものなのか?あなたは今、踏み込 ...

【中古住宅の診断】ホームインスペクションの徹底活用

中古住宅の購入で大活躍!ホームインスペクションの費用・タイミング

中古住宅を購入するときには、みえない落とし穴に注意しなければいけないといわれます。いろんな情報を収集して、しっかりと理論武装してから内覧に行く方は多いでしょう。しかし、結局見学してみたらよく分からなかったということありませんか?
今回は、そんなときに役立つプロの仕事「ホームインスペクション」について解説します。近年では、ホームインスペクションを必須条件とするサービスも増えてきており、中古住宅市場では常識となりつつあります。国も、ホームインスペクションの積極活用を促しているくらいです。
この記事を読めば、ホームインスペクションとは何かはもちろん、ホームインスペクションをいかに活用するのかが分かります。ホームインスペクションは、値引き交渉や入居後のリフォームなどにも影響する重要なものです。国が何を考えているのかも含めて、しっかりと理解しておきましょう。

【中古住宅】築1年の物件を購入するときの注意点

【中古住宅】築1年の物件を購入するときの注意点

条件のよい物件が見つかったときというのは、気持ちが焦りやすいものです。不動産の営業マンというのは、数々のお客さんを見てきて、相手が内心盛り上がっているのかどうかを見抜くスキルに長けています。ですので、これは!?と思ったお客様には「殺し文句」をふんだんに使ってきます。
そんな文句に誘われて、「申し込みしなければ!?」とか「手付金を払おう!」と考えているあなた。ちょっと冷静に考えましょう。とくに中古住宅の購入では注意しなければいけないことがたくさんあります。今回は、実際に中古住宅の購入に悩んでいらっしゃった方のケースを使って考えてみましょう。

【中古住宅のチェックリスト】見学に活用!大損失を回避しよう!

【中古住宅のチェックリスト】見学に活用!大損失を回避しよう!

よさそうな中古住宅が見つかったら、いよいよ見学ですね。しかし、見学と言ってもいろいろと不安なことが多いと思います。住宅のことなんてあまりよくわからないし、なんだか営業マンのペースに持っていかれてしまうのではないだろうかなど。せめて、見学のときに注意すべき最低限のことは知っておきたいと思いませんか?
そんなあなたのために、今回は中古住宅を見学するときのためのチェックリストを紹介します。チェックする箇所ごとに、どこに注意して見学すればよいのか、ひとつひとつ解説していきます。この記事のチェック項目を意識することで、中古住宅の購入で落とし穴にはまる確率をグッと引き下げることができます。
また、このチェック項目は住宅性能評価基準書に記載されている内容を参考にして作られています。わたしが、実務で中古住宅の査定を行うときに活用しているものを修正したものです。その中から最重要ポイントを紹介します。見学のときには、最重要ポイントがチェックできるだけでも十分に効果を発揮するので安心してください。

【中古住宅の諸費用】5%から10%の詳細な内訳

【中古住宅の諸費用】5%から10%の詳細な内訳

住宅を購入するときには、諸費用がかかると聞いたことがあるでしょう。この諸費用は、中古住宅を買う時でも必ずかかります。しかし、問題なのは諸費用の額がいまひとつはっきりしないこと。金額が分からないのに購入するなんて不安が大きいですよね?
今回は、中古住宅の諸費用について、ひとつひとつ解説していきます。金額を確定させることはできませんが、おおよその金額は出すことができます。その出し方も解説しますので、これを読んで購入計画をより具体化させましょう。
諸費用の額が、おおよそで分かっているのと、分かっていないのとでは、購入後の新生活にずいぶんと差がつきます。新生活はお金がなにかとかかるもの。トータルで考えて、より良い新生活がスタートできるようにしましょう!

【中古住宅の購入】消費税がかかる取引とかからない取引

【中古住宅の購入】消費税がかかる取引とかからない取引

中古住宅を購入した時の消費税に関する記事です。消費税について中古住宅を購入した時に関係することのみをまとめています。

【中古住宅の値引き】交渉成立額の見極め方と上手な進め方・タブー

【中古住宅の値引き】交渉成立額の見極め方と上手な進め方・タブー

中古住宅の値引き交渉について解説している記事です。交渉の進め方次第では、新居の家財道具が揃えられるくらいの値引きを実現することは十分に可能です。一方で、
「値引き交渉のチャンスは一度しかないこと」「値引き交渉に失敗すると、購入さえできなくなってしまうこと」など、リスクが潜んでいることも事実です。確実な値引き交渉の進め方について解説しているので、あなたも良い結果を手にしてください。

【中古住宅との相性】メリット・デメリットを確認する

【中古住宅との相性】メリット・デメリットを確認する

中古住宅選びは、中古住宅があなたにとって正しい選択肢なのかを見極めるところから始まります。中古住宅を選ぶ方の中には、「予算の関係で...。」と言う人がいますが、これだけが理由になってはいけません。いくら予算がなくても、そもそもあなたと中古住宅の相性が悪かったときには、必ず失敗します。
この記事では、中古住宅のメリットとデメリットをはっきりさせます。メリットは誰にでも受け入れられやすい部分ですが、デメリットは人によっては絶対に受け入れられない!ということがあります。各デメリットについて解決策も提示していますが、それでもちょっと許せないなぁ...というときは、迷わず中古住宅の購入を見送りましょう。
この記事を読み終えて、わたしは中古住宅を購入しても大丈夫そうだと思った方は、次のステップに進んでください。ここは成功と失敗を分ける一番最初の地点です。

【中古住宅の購入】既存住宅売買瑕疵保険の活用

【中古住宅の購入】既存住宅売買瑕疵保険の活用

今、中古住宅が脚光を浴びつつあります。政府主導のもと、官民一体となって中古住宅市場を活性化するための制度が増えてきました。さまざまな制度の焦点となっているのが、いかに安心して中古住宅を購入してもらうかです。
政府の発表では、一定の品質に達している中古住宅には認定証などを発行し、その品質が保証されていることを打ち出すことも考えているそうです。フロー型社会からストック型社会への転換が重要だと叫ばれる昨今ですが、中古住宅については他にも重要な話がいくつかあります。
そのなかでも今回は、わたしたちが安心して中古住宅を買うための制度のひとつ、既存住宅売買瑕疵保険について解説します。平たく言ってしまえば、中古住宅を買ったあとのトラブルに対する保険です。どのような保険で、どのようにして活用すればいいのかなど基本的なところを徹底解説します。


あなたが次に困るかもしれないこと・Ad

Copyright© わかった!不動産 , 2022 All Rights Reserved.