「中古マンションの購入」 一覧

中古マンションの購入に関するカテゴリーです。

抵当権が設定されている中古不動産を購入するときの注意点

抵当権が設定されている中古不動産を購入するときの注意点

抵当権が設定されている中古不動産を購入するときの注意点について解説しています。抵当権が設定されている中古不動産を購入するときには、「契約日までに抵当権が抹消できること」「売買契約書に停止条件を記載すること」に注意してください。

中古マンションの値引き交渉は、相場価格と不動産業者を味方にしろ!

中古マンションの値引き交渉は、相場価格と不動産業者を味方にしろ!

中古マンションの値引き交渉では、「不動産業者・不動産相場」の2つを味方につけられるかどうかがカギを握ります。不動産の仲介取引では、「売主・買主・不動産業者」の3者が登場します。中古マンションを買いたいときには、「売主」にばかり意識が行きがちですが、実際に価格をコントロールしているのは、「不動産業者・不動産相場」です。この記事では、中古マンションの値引き交渉を上手にすすめるための鉄則について、詳しく解説します。手順に沿って理解を深めることで、中古マンションを値引きするコツが見えてくるので、取引の参考にしてください。

【どっち?】義両親(義父母)の実家相続によるマンション購入の問題

【どっち?】義両親(義父母)の実家相続によるマンション購入の問題

義両親(義父母)とのトラブルは、日本中どこにでもあるものですが、どれも根が深いものです。嫁・婿に来たものからすれば、「両親とはいえ、義理。どこまでいこうが他人だよ。」という思いが根底にあります。正月やお盆など、会わざるを得ないイベントは憂鬱以外の何物でもなく、もはや修行のような心持ちで挑む方も多いでしょう。子育てひとつとってもそうですが、「金は出しても、口出すな。」とはよく言ったものです。ちょっとしたイベントくらいは我慢できますが、衣食住など生活に密接することとなれば「話は別。」です。この記事は、義両親(義父母)の実家を相続するのが「さも当たり前」のように要求されてしまった方に向けた記事です。心情的な問題と金銭的な問題が複雑にからみあっていますが、ひとつひとつ整理しながらひも解いていきます。あなたのケースに重ねながら、考えてみていただけると幸いです。

ずっと交渉中(契約予定)で買えない中古物件(専任媒介)を買う方法

ずっと交渉中(契約予定)で買えない中古物件(専任媒介)を買う方法

一生懸命探して、やっと見つけた買いたい中古物件。しかし、不動産業者の自己中心的な理由に邪魔をされて変えないことがあります。この記事では、ずっと交渉中(契約予定)で買えない中古物件(専任媒介)を買う方法について解説しています。

利便性が決め手!50代以降で中古マンションに住み替える人は72.4%!

利便性が決め手!50代以降の中古マンション購入者は72.4%!

50代でマンションを購入するとなれば、 住宅ローンは借りられるのだろうか? 賃貸のほうがいいのではないか? 介護が必要になったら、どうすればいいのか? 老後資金を使ってもいいのだろうか? など、様々な ...

中古住宅・マンションの適正な購入予算を正しく計算する方法・考え方

中古住宅・マンションの適正な購入予算を正しく計算する方法・考え方

中古住宅・マンションを購入するのであれば、あなたに合った購入予算を正しく計算する必要があります。 あなたのライフスタイルに合った購入予算がわからないまま、銀行や不動産屋の言われるがままに購入するのは危 ...

築30年の中古マンションは購入してもよいのか?

築30年の中古マンションは購入してもよいのか?

当たり前ですが、新築マンションは綺麗で、最新の設備も整っているので非常に魅力的です。とはいえ、新築なりの価格なので、中古マンションに比べると格段にコストがかかります。20~30代の方で、50年以上ずっと住み続けるつもりであれば、新築(又は築浅)のマンションもよいでしょう。

しかし、あなたが40代以降の方であれば、築30年前後の中古マンションについて検討する価値は十分にあります。価格も手ごろなので、老後資金を蓄えることにもつながり、さらにマンション特有の立地の利便性も享受できます。

今回はいろいろとメリットの多い築30年前後の中古マンションについて、真剣に考えていきます。購入してもよい物件とはどんな物件なのか?落とし穴を避けるために確認したいことをご紹介します。

【中古マンション】購入時の注意点

【中古マンション】購入時の注意点

あなたは今、中古マンションの購入を検討しているところでしょうか。中古マンションの購入には、いろいろな注意点があります。各部屋の所有者は単独でありながら、規約などによって集合体としてルールが存在するからです。
一般的な目線ではなく、不動産業者は物件のどこを見ているのか紹介します。思わぬ落とし穴にはまらないためのヒントですので、お役にたてれば幸いです。


あなたが次に困るかもしれないこと・Ad

著者について

まごころう(通常) 名前:まごころう

職歴:不動産売買
   ・宅地開発分譲
   ・新築建売分譲
   ・新築マンション分譲
   ・中古住宅仲介
   ・中古マンション仲介

資格:宅地建物取引士
   不動産コンサルティングマスター
   不動産鑑定士(1次試験通過)

当サイトへのご質問・ご相談は、以下のページをご利用ください。
お問い合わせページ

Copyright© わかった!不動産 , 2018 All Rights Reserved.