「不動産用語」 一覧

不動産用語に関するカテゴリーです。

分筆とは:流れ・期間・費用および特別な事例

分筆とは:流れ・期間・費用および特別な事例

2017/11/22  

一般的に、子や孫が新居をかまえるときに、敷地が余っている場合には「分筆」によって土地を譲渡することがあります。 ほかにも、デベロッパーが大規模分譲地を整備するときなど、いろいろな場面で分筆が行われてい ...

急傾斜地崩壊危険区域とは:土砂災害警戒区域等との違い

急傾斜地崩壊危険区域とは:土砂災害警戒区域等との違い

平成 26 年 7 月の長野県南木曽町、同年8月の広島市で発生した土砂災害は、多くの方の記憶に新しいでしょう。地震大国である日本では、土砂災害の発生件数も多く、年間500~2,000箇所で発生しています。わたしたち民間人が土砂災害に巻き込まれる危険性を最小限にするために、国土交通省では「ここは危ないよ!」という地域を指定しています。
今回の記事では、急傾斜地崩壊危険区域について解説します。どのような区域なのかについては、名前からなんとなく想像ができると思いますが、具体的な危険性などについてお話します。結論からいえば、住むのに適した地域ではありません。
また、土砂災害警戒区域などとも混同されやすいのですが、違いについて解説します。両方に指定されるケースもありますが、急傾斜地崩壊危険区域が原因であり、土砂災害警戒区域などは結果となります。共通して言えるのは、どちらもとても危険な場所であるということです。

競売と任意売却:基本と違い

競売と任意売却:基本と違い

2018/8/7    ,

広く一般にも認知されるようになった競売(きょうばい・けいばい)ですが、本当に詳しく理解できている方は一握りです。実際のところ、競売物件は物理的・権利的な瑕疵(欠陥)があることが多く、一般の方が手を出すのはとても危険です。今回は競売の基本について解説します。

また、最近では「任意売却」という言葉もよく耳にするようになりました。「にんばい」と略されることが多いですが、正確に理解できている方はこちらも稀でしょう。後半では、任意売却の基本に触れ、競売との違いも解説します。下手に手を出してケガをする前に、基本だけでも理解しておきましょう。

共用部分と専有部分:法定・規約、私物化、清掃、リフォーム

共用部分と専有部分:法定・規約、私物化、清掃、リフォーム

2018/8/7    ,

分譲マンションなどの区分所有建物で暮らしていると、「え!?それが!?」というようなことがトラブルのもとになります。なかでも、共用部分と専有部分の理解がしっかりとできていなかったためにおきてしまったトラブルというのは多々あります。損害賠償請求を受けて、お金を支払うようなことにはなりたくないですよね?
今回は、共用部分と専有部分について解説します。そもそもどういう部分のことなのかはもちろん、トラブルに発展しやすい勘違いなどもご紹介します。「すいません、知らなかったんです!」と頭を下げることになる前に、ここで確認してしまいましょう。

遺贈とは:相続との違い、特定・包括、放棄、寄付

遺贈とは:相続との違い、特定・包括、放棄、寄付

2017/12/5    ,

相続の話というのは、十分な準備がしにくいものです。親族が病になり、日に日に弱っていくところを目の当たりにしているときには、相続のことまで気が回らなかったりします。どこか欲深いようで、わかってはいても動きにくいなぁと感じることもあるでしょう。
今回は、手遅れになるまでの事前知識として遺贈について解説します。遺贈と相続を同じものだと勘違いしているケースもあります。遺贈と相続は根本的に違うものであり、遺贈が火種となって「争続」に発展するケースは多々あります。
慌しさに負けて、しっかり考えることなく相続が終わってしまわないように。まずは、相続と遺贈のいろはについて知っておきましょう。

Copyright© わかった!不動産 , 2018 All Rights Reserved.