「住宅ローンの不動産用語」 一覧


住宅ローンの不動産用語に関するカテゴリーです。

あなたが次に困るかもしれないことに関する記事・Ad

カテゴリ一覧

概要、決め方、利息、増額および減額、費用

根抵当権と極度額:概要、決め方、利息、増額および減額、費用

根抵当権は、主に事業者や不動産投資家に使われる抵当権の一種です。 借り入れの自由度が増すメリットがありますが、使い方や設定がややこしく理解しにくいのが難点です。 とはいえ、クレジットカードのキャッシン ...

競売と任意売却:基本と違い

競売と任意売却:基本と違い

広く一般にも認知されるようになった競売(きょうばい・けいばい)ですが、本当に詳しく理解できている方は一握りです。実際のところ、競売物件は物理的・権利的な瑕疵(欠陥)があることが多く、一般の方が手を出すのはとても危険です。今回は競売の基本について解説します。

また、最近では「任意売却」という言葉もよく耳にするようになりました。「にんばい」と略されることが多いですが、正確に理解できている方はこちらも稀でしょう。後半では、任意売却の基本に触れ、競売との違いも解説します。下手に手を出してケガをする前に、基本だけでも理解しておきましょう。

住宅ローンの基本:固定金利と変動金利など

住宅ローンの基本:固定金利と変動金利など

はじめて住宅ローンについて考えるときには、聞いたことのない言葉や難しそうな手続きがたくさんあるため頭がパンクしそうになります。しかし、一番重要なのは住宅ローンを好条件で借りることです。言葉を理解するのにいっぱいいっぱいで、肝心の内容に手が回らない!なんてことにはなりたくありませんよね?

今回は、住宅ローンの話をするときに登場する基本的なことについて解説します。基礎中の基礎ですので、しっかり理解しておきましょう。この記事の内容が理解できれば、言葉とにらめっこではなく、数字とにらめっこする時間が作れるはずです。

住宅ローンは人生を左右する大事な借入です。もう何でもいいです...なんて選び方にだけはならないようにしましょう。

マイナス金利と住宅ローン:正しい新規借入と借り換え

マイナス金利と住宅ローン:正しい新規借入と借り換え

平成28年1月29日、日本銀行はマイナス金利の導入を発表しました。日本では、初めてとなる試みであり、様々なところで影響について議論が交わされています。世界的にみても、欧州諸国の一部で導入されたことがあるだけで、その効果についても諸刃の剣と評されている。

いわゆる、第三の黒田バズーカとされる今回の景気刺激策ですが、住宅ローンへの影響はどうなっているのでしょうか。これから借りる人も、すでに借りている人も、どうしたらいいのかよく分からないと困っていませんか?結論から言えば、今がタイミングです。

とはいえ、家計の大部分を占める住宅ローンですから、状況を理解せずに動くのは不安ですよね。記事の前半では、マイナス金利の初歩的な部分から住宅ローンへの影響について解説します。後半では、ケースに応じてどうするのがベストなのかを具体例と一緒に説明します。

ボーっと見ているだけでは、大損をする時代です。なんだかよく分からないうちに損してしまわないように、しっかりと理解して備えましょう。

抵当権と根抵当権とは:違い、メリット

抵当権と根抵当権とは:違い、メリット

銀行から融資を受けるときには、抵当権の設定が必要になります。抵当権について、なんとなくでは理解できている方が多いのではないでしょうか。では、根抵当権と言われるとどうでしょう?

住宅ローンくらいの借り入れであれば、抵当権までの理解で十分です。ですが、ビジネスシーンとなってくると、場合によっては根抵当権への理解が必要です。これは経費の削減の意味でも重要なことになります。

今回は、抵当権を正しく理解した上で、根抵当権についてもしっかりとおさえましょう。この2つが分かれば、抵当権はもう怖くありません。

Copyright© わかった!不動産 , 2018 All Rights Reserved.