「土地の不動産用語」 一覧


土地の不動産用語に関するカテゴリーです。

あなたが次に困るかもしれないことに関する記事・Ad

カテゴリ一覧

用悪水路とは:概要、評価、固定資産税、売買、建築

用悪水路とは:概要、評価、固定資産税、売買、建築

用悪水路(ようあくすいろ)とは、地目の一種です。用水路と悪水路が組み合わさった言葉で、主に灌漑用の水路として使用される土地です。用悪水路を活用する場合には、水利権者との合意など様々な注意が必要になります。この記事では、用悪水路について詳しく解説をしています。用悪水路の評価方法、売買および建築の注意点などについて解説しているので、参考にしてください。

分筆とは:流れ・期間・費用および特別な事例

分筆とは:流れ・期間・費用および特別な事例

一般的に、子や孫が新居をかまえるときに、敷地が余っている場合には「分筆」によって土地を譲渡することがあります。 ほかにも、デベロッパーが大規模分譲地を整備するときなど、いろいろな場面で分筆が行われてい ...

建築条件付き土地とは:値引き交渉、外し方、注意点

建築条件付き土地とは:値引き交渉、外し方、注意点

いい土地が見つかった!と思ったら、建築条件付きと書いてあって「何のことだろう?」とお困りでしょうか。土地の売り方のひとつに「建築条件付き土地売り」があります。一般の方からするとわかりにくいフレーズなので、どういうことか知りたいという方も多いでしょう。

今回は、建築条件付き土地について解説します。そもそも建築条件付き土地とは何か?といったことはもちろん、建築条件付き土地の特性や注意点なども紹介します。

建築条件付き土地は、もはや土地選びではなく、家選びです。いい土地が見つかった!と浮かれて、土地選び感覚のまま契約してしまうと後悔する可能性は大です。建築条件付き土地を選ぶ心構えについて、知っておきましょう。

急傾斜地崩壊危険区域とは:土砂災害警戒区域等との違い

急傾斜地崩壊危険区域とは:土砂災害警戒区域等との違い

平成 26 年 7 月の長野県南木曽町、同年8月の広島市で発生した土砂災害は、多くの方の記憶に新しいでしょう。地震大国である日本では、土砂災害の発生件数も多く、年間500~2,000箇所で発生しています。わたしたち民間人が土砂災害に巻き込まれる危険性を最小限にするために、国土交通省では「ここは危ないよ!」という地域を指定しています。

今回の記事では、急傾斜地崩壊危険区域について解説します。どのような区域なのかについては、名前からなんとなく想像ができると思いますが、具体的な危険性などについてお話します。結論からいえば、住むのに適した地域ではありません。

また、土砂災害警戒区域などとも混同されやすいのですが、違いについて解説します。両方に指定されるケースもありますが、急傾斜地崩壊危険区域が原因であり、土砂災害警戒区域などは結果となります。共通して言えるのは、どちらもとても危険な場所であるということです。

農地転用とは:地目変更、第5条、費用、手続き、期間、必要書類

農地転用とは:地目変更、第5条、費用、手続き、期間、必要書類

郊外で土地を探しているときなどは、地目が田になっていることがあります。そのようなときには、農地転用といって地目を変更しなければいけないことがあります。とはいえ、農地転用は誰でもできるものかというと、そうではありません。

今回は農地転用について説明します。定義からはじめて、実際にどのようにすれば農地転用ができるのかまで順番にお話しします。これを読んで、農地転用についての基本をおさえましょう。

Copyright© わかった!不動産 , 2018 All Rights Reserved.