「不動産登記の不動産用語」 一覧


不動産登記の不動産用語に関するカテゴリーです。

あなたが次に困るかもしれないことに関する記事・Ad

カテゴリ一覧

抵当権抹消登記の委任状:書き方、期限、紛失した場合の対応

抵当権抹消登記の委任状:書き方、期限、紛失した場合の対応

抵当権抹消登記は、不動産登記の中でも簡単な部類です。それゆえ、自分で挑戦してみようと思う方も多いようです。抵当権抹消登記の必要書類には、委任状があります。今回は、抵当権抹消登記の委任状について詳しく解説します。よくある勘違いや、書き方、紛失した場合の対応などについて整理しています。

抵当権抹消登記とは:手続き、必要書類、費用と相場、申請書作成方法

抵当権抹消登記とは:手続き、必要書類、費用と相場、申請書作成方法

住宅ローンが完済すると抵当権抹消登記をすることになるのが一般的です。抵当権抹消登記とは、抵当権を消す登記です。その性質上、抵当権を設定した金融機関などから許可がなければ、抵当権抹消登記を行うことはできません。

抵当権抹消登記が行えるということは、融資を完済しているので差し押さえなどのリスクは通常考えられません。なので、別にしなくてもいいのではないのか?と思う方もいるでしょう。ですが、相続や急な売却になったときに困るのが常です。

今回は、抵当権抹消登記がどういうものなのかということや、費用など知っておくべき内容を抑えつつ、注意点も説明します。これを読めば、抵当権抹消登記についてはバッチリです。

抵当権設定登記とは:費用、相場と必要書類

抵当権設定登記とは:費用、相場と必要書類

住宅ローンの借入をするときには、抵当権設定登記が必要になります。借りる方からすれば、さほど重要ではない抵当権設定登記ですが、貸す方からすればとても大事な登記です。

とはいえ、借りるわたしたちの側もどのような意味を持ち、どのくらいの費用がかかる登記なのかを知っておくにこしたことはないでしょう。あなたの財産を保証として差し出すことを公に約束するわけですから、任せきりでは不安です。

今回は、抵当権設定登記について説明します。これを読んで、目の前で行っている手続きがどのようなものなのか置いてけぼりにならないようにしましょう。

謄本と抄本とは:違い

謄本と抄本とは:違い

謄本(とうほん) 謄本という書類があると思っている人もいるでしょうが、謄本というのは特定の書類を指す言葉ではありません。世の中にはいろいろな書類がありますが、その原本の内容をすべて写したものを謄本と呼 ...

【登記事項証明書】登記の順位と不動産トラブル

不動産トラブルは頻繁に起きることではありませんが、起こったときには大問題に発展しやすいケースが多いです。そんなトラブルを防ぐために登記には順位が設定されています。登記の順位と意味についてしっかり知り、正しく備えましょう。

Copyright© わかった!不動産 , 2018 All Rights Reserved.