「不動産関連法令」 一覧


不動産関連法令(都市計画法・建築基準法・農地法など)に関するカテゴリーです。

あなたが次に困るかもしれないことに関する記事・Ad

カテゴリ一覧

接道義務とは:概要(要件および例外など)、建築基準法、特殊な土地

接道義務とは:概要(要件および例外など)、建築基準法、特殊な土地

建築物を建てる時には、かならず「接道義務」を満たす必要があります。一般的には、間口が2m以上道路に接していればよいとされますが、接し方には様々なケースが存在します。また、大規模建築物には、4m(もしくは、6m)以上の接道が求められるなど、例外も少なからずあります。接道義務を満たしていない土地は、土地評価を適正に行うことができず、住宅ローンが組めないなどの問題も起こりかねません。この記事では、接道義務について詳しく解説しています。接道義務の概要から特殊なケースにおける取り扱いについて、幅広く解説しています。用悪水路など、ぱっと見問題がないように見えて、実際には接道義務に違反してしまうケースもあるので注意してください。

接道義務を満たすことのできる建築基準法による道路とは

接道義務を満たすことのできる建築基準法による道路とは

建築基準法 第42条1項1号〜5号および建築基準法 第42条2項には、建築基準法による道路が規定されています。建築物を建築するときには、接道義務を果たす必要がありますが、建築基準法による道路として認められているものでなければ、接道義務を果たす道路として活用することはできません。この記事では、接道義務を満たすことのできる建築基準法による道路について解説しています。道路そのものの規定に加えて、道路の幅員の調べ方、道路内の建築制限、壁面線の指定、私道の変更および廃止など、細かな規定にも触れていきます。建物を建築する上で、道路は無視できないものであり、調べずに話を進めた結果、そもそも建築ができない場所だったということも起こり得ます。トラブルが起きる前に、道路についてしっかりとポイントをおさえておきましょう。

みなし道路とは:申請(新設・廃止)、建築、固定資産税、トラブル

みなし道路とは:申請(新設・廃止)、建築、固定資産税、トラブル

みなし道路とは、建築基準法 第42条2項の規定によって認められる道路です。幅員が4m未満であっても、接道義務を満たすことができる道路として活用が可能になる特徴があります。しかし、私道ゆえに交通権などによるトラブルも発生しやすくメリットばかりに気を取られては足元をすくわれることがあります。この記事では、みなし道路について詳しく解説しています。みなし道路の基本的な特性、建築のルール、固定資産税との関係、主なトラブルなど具体的な内容にも触れていきます。みなし道路に関係する土地の購入を検討している方は、かなりの注意を払う必要があることを肝に銘じておいてください。

位置指定道路:許可基準および申請方法、廃止の定め、トラブル

位置指定道路:許可基準および申請方法、廃止の定め、トラブル

建物を建築する場合には、接道義務を満たす必要があります。道路法上の道路として認められていない土地に建物を建てたい場合に使われる措置が「位置指定道路」です。建築基準法第42条1項5号により規定されているものですが、取り扱いには注意が必要です。この記事では、位置指定道路について詳しく解説しています。許可基準および申請方法、廃止する場合、主なトラブルなどにも触れています。便利な側面もありますが、不都合が生じやすい側面もあるので、位置指定道路について何か選択を迫られている場合にはじっくりと考えてから動くようにしてください。

敷地の衛生及び安全(建築基準法 第19条)

敷地の衛生及び安全(建築基準法 第19条)

建築基準法 第19条には、「敷地の衛生及び安全」に関する定めがされています。たとえば、建物を建設するときに敷地の水はけ(排水)が悪いと、各所に水がたまり不衛生な状態になります。敷地が不衛生な状態で生活を続けると、健康問題にもなりますし、地盤が緩みやすくなったり、様々な問題に発展します。建築基準法 第19条では、最低限守らなければならない敷地の衛生及び安全について規定されています。

Copyright© わかった!不動産 , 2018 All Rights Reserved.