「土地収用法」 一覧

土地収用法に関するカテゴリーです。

土地収用の手続き:収用の裁決

土地収用の手続き:収用の裁決

土地収用が完了するまでには、長い歳月がかかります。土地収用によって事業を行う者、土地収用によって生活の変化を余儀なくされるもの、土地収用について判断するもの。さまざまな角度から意見が検討されるため、時には争いなどに発展することもあります。
今回の記事では、収用の裁決について解説します。土地収用の手続きにおける最終段階です。収用の裁決が行われると、当事者は裁決の内容に従って、自身のすべきことを履行することに専念します。

土地収用の手続き:収用の裁決の申請

土地収用の手続き:収用の裁決の申請

土地収用の手続きは、数年の歳月をかけて行われます。ひとつひとつのステップで、土地収用を必要とする事業の正当性や、土地収用そのものの正当性について厳しく審査されます。個人・団体の今後を大きく左右する問題なので、当然の流れです。
今回の記事では、収用の裁決の申請について解説します。土地収用を行う前に、土地収用について収用委員会に審理を求める手続きです。裁判を開始するために、告訴するようなもので、いろいろな準備物を必要とする大事なステップです。

土地収用の手続き:事業認定の告示と収用手続きの保留

土地収用の手続き:事業認定の告示と収用手続きの保留

土地収用事業では、大きく分けて2つの段階があります。土地収用事業そのものについて協議する段階と、実際に土地収用を進める段階です。土地収用は強い力をもつだけに、しっかりと協議されて、間違いなくものごとを進める必要があります。あとから「いや、そんなつもりではなかったんだけど」となっては絶対にいけません。
今回の記事では、事業認定の告示と収用手続きの保留について解説します。事業が認定された日が確定されたことによって、さまざまな権利や義務が発生します。また、手続きの保留は、事業の進行に大きな影響を与える手続きです。しっかりと確認しておきましょう。

土地収用の手続き:事業認定の申請

土地収用の手続き:事業認定の申請

土地の収用は、一度効力を発揮すると関係者に大きな影響を与える法的行為です。そのため、収用が行われる前には然るべき手順を踏む必要があります。万が一、落ち度があったために、知らぬ間に収用が決められてしまったとなっては、収用される側とする側で争いに発展するのは明らかです。
今回の記事では、土地収用の手続きから「事業認定の申請」について解説します。土地収用の手続きにおいて、一番最初のステップです。なにごとも最初が肝心というように、関係者への事前説明など重要なイベントが詰まっています。

土地収用法とは:概要と損失補償

土地収用法とは:概要と損失補償

北海道新幹線や北陸新幹線について、計画を前倒しして、早期実現を目指す!といった見出しが世間を賑わすことが増えました。具体的には計画の前倒しって何をするの?という風に思われる方もいるでしょう。このような大規模な事業を進めるのに重要なのは用地買収と土地収用です。
今回の記事では、土地収用の概要と補償内容について解説します。先に用地買収交渉がまとまらなかった結果、土地収用法による最終手段となります。あまり明るい印象はもともと持ち合わせていない言葉ですが、収用される側にとっては「用地買収交渉に応じればよかった...。」となるのが一般的です。


あなたが次に困るかもしれないこと・Ad

著者について

まごころう(通常) 名前:まごころう

職歴:不動産売買
   ・宅地開発分譲
   ・新築建売分譲
   ・新築マンション分譲
   ・中古住宅仲介
   ・中古マンション仲介

資格:宅地建物取引士
   不動産コンサルティングマスター
   不動産鑑定士(1次試験通過)

当サイトへのご質問・ご相談は、以下のページをご利用ください。
お問い合わせページ

Copyright© わかった!不動産 , 2018 All Rights Reserved.