「不動産の法律」 一覧

国土利用計画法:土地取引の規制(注視・監視・規制区域および届出・許可制)

国土利用計画法:土地取引の規制(注視/監視/規制区域、届出・許可制)

土地は、わたしたちの生活と密接に関係している財産です。 しかし、ほかの財産(生産財)と違い、国土には限りがあります。 そのため、土地は計画的かつ総合的に利用されるように的確な管理がされなければいけませ ...

国土利用計画法:土地利用基本計画について

国土利用計画法:土地利用基本計画について

土地は、わたしたちの生活と密接に関係している財産です。 しかし、ほかの財産(生産財)と違い、国土には限りがあります。 そのため、土地は計画的かつ総合的に利用されるように的確な管理がされなければいけませ ...

国土利用計画法:国土の利用計画(全国・都道府県・市町村)

国土利用計画法:国土の利用計画(全国・都道府県・市町村)

土地は、わたしたちの生活と密接に関係している財産です。 しかし、ほかの財産(生産財)と違い、国土には限りがあります。 そのため、土地は計画的かつ総合的に利用されるように的確な管理がされなければいけませ ...

生産緑地法:概要および理解上の重要ポイント

生産緑地法:概要および理解上の重要ポイント

生産緑地法は、昭和49年に施行され、直近では平成29年5月12日に改正が行われました。 一般的には「2022年問題」などと言われ、市街地にある農地が大量に不動産市場に流れ込み、地価の暴落を招くと言われ ...

農地法:概要、3・4・5条の許可、許可禁止及び不要の行為、賃貸借

農地法:概要、3・4・5条の許可、許可禁止及び不要の行為、賃貸借

農地の土地活用をするときには、「農地法」の課題をクリアしなければいけません。 農地法では、農地を農地として継続的に運用するための取り決めが定められています。 農地として利用する場合も、農地から別の用地 ...

都市計画法:都市計画決定の流れ(都道府県・市町村)および留意点

都市計画法:都市計画決定の流れ(都道府県・市町村)および留意点

都市計画が決定するまでには、一定の流れが存在します。 さまざまな人の生活がかかわるので、できるかぎり平等に意見が反映されるように工夫がされています。 本記事では、「都市計画法:都市計画決定の流れ(都道 ...

都市計画法:目的及び基本理念、都市計画区域(準・外)、区域外の建築確認申請

都市計画法:目的、都市計画区域(準・外)、区域外の建築確認申請

都市計画法は、都市の健全な発展を目指すための法律です。 都市開発に関する法律なので、私たちの生活にはあまり関係がないように思うかもしれませんが、そうでもありません。 家を建てるために土地を探すときには ...

土地区画整理事業:概要と事業の認可まで

土地区画整理事業:概要と事業の認可まで

日本のように国土が少ない国では、土地の有効活用は経済成長に不可欠な要素です。地方の郊外や、発展の著しい都会では、土地の利便性を向上させるために整地する必要があります。都市計画に従って、一帯の土地を整備する事業を土地区画整理事業といいます。
今回の記事では、土地区画整理事業の概要と認可までの流れについて解説します。まずは、大まかな流れや目的についてざっくりと理解します。その後、土地区画整理事業の中でも認可までの流れについて詳しい解説をします。

開発許可制度:概要と建築制限

開発許可制度:概要と建築制限

一定の規模を超える土地を開発するときには、開発許可をとる必要があります。市街化区域、市街化調整区域、準都市計画区域など、区域ごとに開発行為となる基準が違うため、なかなか分かりにくいのが開発行為です。とはいえ、自身が行おうとしている行為が開発行為に該当するのか把握していなければ、計画をすることさえできないことがあります。
今回は、開発許可制度について概要と建築制限を解説します。そもそも開発行為や開発許可とは何か?といった基本的な部分と、それに付随する建築制限です。細かい話が多いのですが、開発許可制度の全体を理解するためには避けて通ることはできません。

土地収用の手続き:収用の裁決

土地収用の手続き:収用の裁決

土地収用が完了するまでには、長い歳月がかかります。土地収用によって事業を行う者、土地収用によって生活の変化を余儀なくされるもの、土地収用について判断するもの。さまざまな角度から意見が検討されるため、時には争いなどに発展することもあります。
今回の記事では、収用の裁決について解説します。土地収用の手続きにおける最終段階です。収用の裁決が行われると、当事者は裁決の内容に従って、自身のすべきことを履行することに専念します。

土地収用の手続き:収用の裁決の申請

土地収用の手続き:収用の裁決の申請

土地収用の手続きは、数年の歳月をかけて行われます。ひとつひとつのステップで、土地収用を必要とする事業の正当性や、土地収用そのものの正当性について厳しく審査されます。個人・団体の今後を大きく左右する問題なので、当然の流れです。
今回の記事では、収用の裁決の申請について解説します。土地収用を行う前に、土地収用について収用委員会に審理を求める手続きです。裁判を開始するために、告訴するようなもので、いろいろな準備物を必要とする大事なステップです。

土地収用の手続き:事業認定の告示と収用手続きの保留

土地収用の手続き:事業認定の告示と収用手続きの保留

土地収用事業では、大きく分けて2つの段階があります。土地収用事業そのものについて協議する段階と、実際に土地収用を進める段階です。土地収用は強い力をもつだけに、しっかりと協議されて、間違いなくものごとを進める必要があります。あとから「いや、そんなつもりではなかったんだけど」となっては絶対にいけません。
今回の記事では、事業認定の告示と収用手続きの保留について解説します。事業が認定された日が確定されたことによって、さまざまな権利や義務が発生します。また、手続きの保留は、事業の進行に大きな影響を与える手続きです。しっかりと確認しておきましょう。

土地収用の手続き:事業認定の申請

土地収用の手続き:事業認定の申請

土地の収用は、一度効力を発揮すると関係者に大きな影響を与える法的行為です。そのため、収用が行われる前には然るべき手順を踏む必要があります。万が一、落ち度があったために、知らぬ間に収用が決められてしまったとなっては、収用される側とする側で争いに発展するのは明らかです。
今回の記事では、土地収用の手続きから「事業認定の申請」について解説します。土地収用の手続きにおいて、一番最初のステップです。なにごとも最初が肝心というように、関係者への事前説明など重要なイベントが詰まっています。

土地収用法とは:概要と損失補償

土地収用法とは:概要と損失補償

北海道新幹線や北陸新幹線について、計画を前倒しして、早期実現を目指す!といった見出しが世間を賑わすことが増えました。具体的には計画の前倒しって何をするの?という風に思われる方もいるでしょう。このような大規模な事業を進めるのに重要なのは用地買収と土地収用です。
今回の記事では、土地収用の概要と補償内容について解説します。先に用地買収交渉がまとまらなかった結果、土地収用法による最終手段となります。あまり明るい印象はもともと持ち合わせていない言葉ですが、収用される側にとっては「用地買収交渉に応じればよかった...。」となるのが一般的です。

地域地区とは:主要な地域地区(9種)とその他

地域地区とは:主要な地域地区(9種)とその他

地域地区について少し勉強された方であれば、用途地域はご存知かと思います。ですが、地域地区には用途地域以外にも様々なものが存在しています。特に都会では用途地域の上に設定されている特殊な地域地区が多く存在しているので、注意が必要です。
今回の記事では、地域地区について主要な9種をメインに解説します。容積率の移動や用途の制限など知らずに建築計画を進めると予定通りに進められない!という事態に陥る可能性があるものばかりです。どのような地域地区があるのか把握して、調査に役立ててください。

地域地区とは:用途地域の種類・概要編

地域地区とは:用途地域の種類・概要編

土地を購入した場合、お金を払ったあなたは所有者であり、すべての権利があなたには認められています。しかし、認められているのは、法的に認められている権利だけであって、禁止されていることはできません。「お店つきの家にするぞ!」と意気込んでも「そこではお店をしてはいけませんよ」と言われてしまうことがあります。
この記事では、地域地区の中でも用途地域について解説します。用途地域こそが土地利用に関する制限を取り決めているものであり、あなたのしたいことができるかどうかに関わっています。都市計画法で定められた決まり事なので、無視することはできません。しっかりと確認しましょう。

都市計画決定の流れ(都道府県・市町村)

都市計画決定の流れ(都道府県・市町村)

都市計画の策定については、都市部のように盛んに行われているところもあれば、地方のようにそれほど活発ではないところがあります。新聞などで「新たな都市計画について協議されています」といった情報を目にしたことがある方は、どのくらいいるでしょうか?そのような情報を目にしたときは、都市計画について一定の議論が進行している段階であることを、ご存知ですか?
今回は、都市計画がどのようにして決定されているのか手続きの流れについて解説します。土地活用に関する強い制約となりうる都市計画ですので、情報を見逃してしまうと、知らぬ間に大きな損失を生んでしまうかもしれません。わたしたち一般人が意見を述べることができる期間も設けられていますので、都市計画決定の流れについて簡単に確認しておきましょう。

都市計画の種類と概要

都市計画の種類と概要

ひとくちに都市計画といっても、様々な種類があります。一般的には用途地域など、本当に基本的部分のみが語られますが、ごく一部に過ぎません。用途地域だけ調べて、安易に計画を進めると思わぬ落とし穴にはまることがあります。
今回は、都市計画の種類について解説します。建物を建てるには建築基準法だけではなく、都市計画法も守らなければいけません。大規模な建築などでは、建築基準法よりも都市計画法のほうがややこしかったりするので注意が必要です。

国土利用計画法(国土法):区域、許可・事前・事後届出

国土利用計画法(国土法):区域、許可・事前・事後届出

土地の資料などを見ていると、「国土法 届出」といった表示をよく目にします。よく目にはしますが、不要と書いてあるものがほとんどなはずです。不要ならば放っておけばいいかと思う方もいると思いますが、気になる方もいるでしょう。
今回は、国土法の届出について解説します。そもそも国土法(国土利用計画法)とは何なのか?からはじめて、各種届出について条件などを説明します。一般的な土地取引には、ほぼ関係がないといっても過言ではありませんが、念のため確認しておくのはよいことです。

都市計画法とは:各区域(準・外)、区域外の建築確認申請

都市計画法とは:各区域(準・外)、区域外の建築確認申請

何かを建てようとしたときに、土地さえ買えば好きなようにできるわけではありません。みんなが好き勝手にしたのでは、街を形成していくのに支障をきたします。そんな街づくりを助ける法律として都市計画法があります。
都市計画法では、都市計画区域・都市計画区域外・準都市計画区域というエリアを定めています。それぞれの地域ごとにルールが存在します。わたしたちは、そのルールに従って街を形成しています。
今回は都市計画法について、細かな規定はほどほどにして、概要を説明します。なぜ都市計画法を定め、どのような意義を各エリアは持っているのか。概念を掴むと、自然と都市計画法全体を知ることができます。

容積率とは:調べ方、制限、オーバー物件、道路幅員、地下

容積率とは:調べ方、制限、オーバー物件、道路幅員、地下

建物の建築を考えて土地を探すときには、容積率について知っておく必要があります。容積率を考えずに土地を買ってしまうと、本当に建てたかったものが建てることができないということにもなりかねません。詳細な建築プランを作るときには問題ありませんが、土地探しの段階であれば容積率からアバウトなプランを描くことができます。
容積率の制限からオーバーしてしまうと、建築の許可は下りません。どれだけ建てたいものがあっても、調べ方を間違えていては本末転倒になってしまいます。他にも、容積率は、前面道路幅員や地下についても注意が必要です。
今回は、容積率について基本的なことを説明します。とくに難しいものではないので、一通り読んでおさえてしまいましょう。後半ではプラスアルファの知識も解説します。

市街化区域と市街化調整区域とは:開発許可、建築の確認

市街化区域と市街化調整区域とは:開発許可、建築の確認

大規模な開発を検討していたり、地価の低い郊外で土地を探したりすると、市街化調整区域というエリアにぶつかることがあります。これは都市計画法という法律によって定められたエリアです。セットで市街化区域というエリアもあります。
市街化調整区域で何か建築しようとするときは、市町村役場で相談して許可を得る必要があります。この許可のことを開発許可といい、この許可を得ずに建築することは違法行為となります。
今回は、そもそも市街化区域・市街化調整区域とは何なのかについて説明します。開発許可と開発許可を得るにはどうするのかも一緒に説明しますので、参考にしてください。

耐火建築物とは:注意点

耐火建築物とは:注意点

耐火建築物(たいかけんちくぶつ) 建物の構造には、いろいろな構造があります。耐火建築物とは、その建築物が火に強い構造だということを示しています。 建築基準法(第2条9号の2)の定めによれば、 主要構造 ...

【失火責任法とは】重過失、損害賠償責任、火災保険、賃貸住宅の場合

【失火責任法】重過失、損害賠償責任、火災保険、賃貸住宅の場合

日本では、失火責任法により火事による損害賠償責任について規定されています。失火責任法では、故意・重過失を除き、火事により被害を出しても、火を出した人に責任は問わないされます。失火責任法が制定されたのは明治時代で、今より一層、木造住宅の多い環境にありました。日本の住環境を考えると火災の責任をすべて問うのは、いかがなものか?という考えが根底にあるようです。この記事では、失火責任法について詳しく解説しています。失火責任法と損害賠償の関係や、重過失の例、身を守るための火災保険の重要性などに触れていきます。賃貸住宅の場合に問われる責任についても記載しているので、賃貸住宅に住んでいる方は一度眼を通しておいてください。


あなたが次に困るかもしれないこと・Ad

Copyright© わかった!不動産 , 2019 All Rights Reserved.