「不動産の売却」 一覧

マンションを高く売りたいなら、チラシは無視すべし!

マンションを高く売りたいなら、チラシは無視すべし!

「あなたのマンションを買いたい人がいます!」 今、マンションに住んでいる方なら一度は目にしたことがあるでしょう。もしかしたら、毎月...毎週、目にしているかもしれませんね。不動産業者が必死にポスティン ...

報告はありますか?不動産業者の活動をチェックしよう!

報告はありますか?不動産業者の活動をチェックしよう!

不動産業者に売却を依頼したけれども、一向に連絡がない!問い合わせがあったのか、案内をしたことがあるのか、広告などを使って販売活動をしてくれているのか、全然わからない!なんていうことはありがちなことです。

この記事では、不動産業者の販売活動についてチェックする方法を解説します。基本的には媒介契約書に記載されている内容が確実に実行されているかどうかを見直すことになります。可能であれば、手元に媒介契約書があるとわかりやすいでしょう。

媒介契約を結ぶときには「一緒に頑張りましょうね!」なんて言いますが、預かった瞬間から雑な対応になる担当者はよくいます。「あれ?」と思ったら担当者や依頼する不動産業者を変えるなどの対応を取らなければ、損するのはあなたです。

わたしの家、売る気ある?不動産業者の物件サイトを確認!

わたしの家、売る気ある?不動産業者の物件サイトを確認!

あなたの大事な家が売れるかどうかは、不動産業者の腕ひとつにかかっています。じっくり考えて「ここにしよう!」と決めたけれども「本当によかったんだろうか...。」と思ってしまうこともあるはずです。といっても、そんなに簡単に不動産が売れないのも理解しているし...。

この記事では、不動産業者の物件サイトを確認するポイントについて解説します。あなたの家が、どのようにして掲載されているかによって何となく売れそうかどうかがわかります。「おぉ!売る気満々だ!」という業者もいれば、「あれ?売る気あるの?」という業者もいます。

安心して任せられる業者かどうか早期に判断して「ダメだ!」と思ったら、別の不動産業者に依頼するのも大事なことです。財産価値が下がる前に、しっかりと見極めてよい売却につなげていきましょう!

要注意!中古住宅を売るときのリフォームについて

要注意!中古住宅を売るときのリフォームについて

長年住んできた家や、相続した実家を売るときに悩ましいのが「リフォーム」すべきかどうかです。見た目がきれいになっている方が売れやすいのは当たり前なのですが、リフォームにはお金がかかります。では、どうすればいいのでしょう?

この記事では、中古住宅を売るときのリフォームについて解説します。できる限りきれいにした方がよいのですが、きれいにするといっても感覚は人それぞれです。どのようなリフォームを、どのくらいすればよいのかについてお話します。

また、あまりにも気合を入れてリフォームをしたことで、逆に売りにくくなってしまった!ということがあります。リフォームの落とし穴についても紹介します。

不動産売却のベストアンサーは専任媒介契約!が、注意も必要

不動産売却のベストアンサーは専任媒介契約!が、注意も必要

査定額の提示を受けて「お願いしよう!」と思ったが、媒介契約の種類をどうするか迫られて一歩下がってしまったところでしょうか?一般媒介契約、専任媒介契約、専属選任媒介契約の3種類から選んでくださいと急に言われても困ってしまいますよね。ましてや、一般媒介契約以外を選ぶと、ほかの不動産屋さんとは話ができないとなればなおさらです。

この記事では、不動産業者と専任媒介契約を結ぶメリットと注意点について解説します。それぞれの媒介契約にメリット・デメリットがあるのですが、理想的な媒介契約は専任媒介契約です。とはいえ、専任媒介契約を結ぶと、ほかの不動産業者には依頼ができなくなるので少し慎重になる必要があります。

専任媒介契約を結ぶときには、不動産業者をどのようにして選別すればよいのか?なぜ専任媒介契約が理想的なのかなどについて解説します。

中古住宅の査定額は「築年数」で8割決まる

中古住宅の査定額は「築年数」で8割決まる

不動産業者に査定を依頼したが「提示された額に納得がいかない!」とお悩みでしょうか。長年過ごした家だったりすると、愛着があるのでひいき目にみてしまうものです。ですが、不動産業者もプロなので、間違いのない価格を提示する責任があります。

今回は、中古住宅の査定額が決まるプロセスを解説します。すべての不動産屋さんに共通するわけではありませんが、基本は一緒です。各社少しずつ強みや方針が違うので、差が生まれます。

記事の後半では、差が生まれる理由についても少しだけ触れます。いわゆる特色なのですが、あなたの業者選びにも関係するので知っておいて損はないでしょう。

まずは様子見!不動産を売るときの「一般媒介契約」活用術

まずは様子見!不動産を売るときの「一般媒介契約」活用術

不動産を売りたいと思っても、どの不動産業者に依頼するかを決めるのはとても難しいですよね。提示される査定額も各社ばらばらで、説明された内容も大差はない。どの業者もこぞって「専任媒介契約を結んでください!」と迫ってくる。

この記事では、不動産の売却を依頼するときの一般媒介契約の活用方法について解説します。あなたにとっても、業者にとってもベストな選択は専任媒介契約ですが、なかなか一社に絞るのも勇気が必要です。そんな悩みを解決してくれるのが一般媒介契約です。

すっきり!不動産の売り出し中は「空き家」がベスト!

すっきり!不動産の売り出し中は「空き家」がベスト!

自宅を売るときに困ったことになるのが、買い手がつくまでの間を「空き家」にするか「居住中」にするかというところですね。これから不動産を売るぞ!という人も、今もう売り出し中です!という人も共通する悩みだと思います。

この記事では、不動産を売り出す準備として「空き家」にする方法について解説します。ひとくちに「空き家」といっても、どうしたらいいのかよくわからないという方もいるでしょう。間違っても社会問題になっているような「空き家」にしてはいけません。

適切に管理されて、売ることを目的にした「空き家」はきれいでなければいけません。どのようにすればきれいな空き家にできるのか、ひとつひとつ確認していきましょう。

騙されないで!不動産は高く早く売れません!

騙されないで!不動産は高く早く売れません!

人はどうしても欲張りなものです。不動産を売るときも、どうせ売るなら「高く!早く!売りたい!」と考える人が少なくありません。あなたもそんな考えを持っているひとりでしょうか?

先にお伝えします。不動産を「高く!早く!売る!」ことはできません。もし、あなたが「私たちに任せてもらえれば、早くて高く売れますよ!」と提案されたなら立ち止まって考えましょう。

この記事では「不動産を高く早く売ることができない理由」について解説します。もし、高く早く売りますという人が目の前に現れたら、大ウソつきだくらいの見方をしても問題ありません。

掃除は完璧?内見では清潔さも大事です!

掃除は完璧?内見では清潔さも大事です!

購入希望者から問い合わせを受けて、いよいよ内見でしょうか?売り出しているとはいえ、他人に自分の家をじろじろ見られるのは緊張しますよね。でも、緊張なんてしてる場合ではありません。

今回は、内見されるときに綺麗にしておきたい箇所について解説します。人の見た目では「清潔じゃなくても清潔感があればいい」なんて言われます。が、家を売るときには「清潔」でなければいけません。

なぜ「清潔」であることが重要なのか?どんなところを「清潔」にしておくべきなのか?内見の成功を左右する「清潔」について徹底解説します。

その不動産、今が売り時?地域分析から判断する方法

その不動産、今が売り時?地域分析から判断する方法

不動産屋は口ぐせのように「今が売り時です!」といいます。彼らのいう売り時は年中無休なので、いまひとつあてになりません。とはいえ、不動産を手放すとなれば「売り時」は知っておきたいですよね。

「そもそも売り時ってあるの?」なんて思うかもしれませんが、売り時は確かにあります。この記事では、不動産の売り時について「地域分析から判断する方法」を解説します。ちょっと難しそうですが、手間を惜しまなければ誰でもできます。

売り時を間違えると、売却全体に不利に働きます。売り出し価格を魅力的にするために価格を下げ、交渉の時にも価格を下げる。下げ続きの売却で何百万円も損しないようにしましょう。

売却を成功に導く不動産業者の選び方

売却のための不動産業者の正しい選び方

不動産を売るときに、成功のカギを握るのは「業者選び」です。でも、どうすれば良い不動産業者(以下、業者)を選ぶことができるか...なかなか難しいですよね?この記事は、そんな悩みを解決するために書きました ...

土地が売れない?業者に騙されていませんか?

不動産業者に売却を依頼したけれども、なかなか売れない。売れないどころか、業者から値下げばかり要求される。そんなに値下げしないと売れないの!?とお悩みでしょうか。
あまりにも市場価格より高すぎるときには、大幅値下げも必要でしょう。しかし、意図的に値下げをさせられているとしたら?あなたが「カモ」られかけているとしたら?
「もしかしたら...。」と思ったら、読み進めてください。わるい不動産業者の手口と解決方法を解説します。

【利益確保】不動産の売却にかかる9つの諸費用

【利益確保】不動産の売却にかかる9つの諸費用

不動産を売るとなると、売却後にいくら手元に残るのかは気になりますよね。売却後の手元資金を知るには、不動産を売却することでかかる費用について知る必要があります。今回は、不動産を売ったときにかかる9つの費用について解説します。
不動産売却にかかる経費を知ることは、手元資金の確保と売却後のライフプランにも影響します。もうひとつ重要なのは、売却価格の決定にも影響するということです。手元資金から逆算した価格は、確固たる判断指標になります。必ず計算するようにしましょう。
今回は、必要経費とケースバイケースの経費に分けて解説します。まず、必要経費を計算してから、あなたのケースに応じたオプション経費を追加していきましょう。ほぼ間違いなく訪れる「価格交渉」をいかに対応するかにも影響します。

簡単な差別化で高値売却!家やマンションの仕様書を用意する

簡単な差別化で高値売却!家やマンションの仕様書を用意する

繁盛しているお店と繁盛していないお店の違いってなんでしょうか?「そりゃ、大規模な資本を投下して、ジャンジャン宣伝しているところでしょう!」と思うかもしれません。それもひとつの答えかもしれませんが、もっともっと当たり前なことだったりします。
「不動産を少しでも高く売りたいなー。」と考えているなら、必ず仕様書を用意しましょう。「仕様書があるかないかくらい関係ないだろう。」と思われるかもしれませんが、大間違いです。本当にちょっとした違いですが、大きな差に繋がります。
今回は、中古市場の特性と仕様書の重要性について解説します。仕様書を揃えるのに、時間は多少かかるかもしれませんが、実費はゼロ円です。コストをかけずに高く売る方法ですので、面倒くさがらずに用意することを強くオススメします。

【借入・ローン】不動産の残債・残高の確認方法と重要性

【借入・ローン】不動産の残債・残高の確認方法と重要性

不動産を売るときには、その不動産の残債について確認しなければいけません。住宅ローンなどで借入をすると、不動産に抵当権を設定します。設定された抵当権は、借入が完済されるまで登記事項証明書に記録が残り続けます。なので、残債の有無だけであれば、登記事項証明書を確認すればわかります。

今回お話しするのは、「残債の額がいくらなのか?」です。残債がゼロであれば何も心配はないのですが、残債があるときには、その額が重要になります。不動産を売ることができるのかどうかにかかわるので、必ず確認するようにしましょう。

後半では、残債を確認することの重要性についてお話します。不動産を売るときに残債の額がわかっていることが、どのような点で有利に働くのかです。販売戦略上、とても大事なことなのでしっかりと解説します。

登記事項証明書の読み方(不動産を売りたい人編)

不動産を売りたい人の為の登記事項証明書の読み方

登記事項証明書は入手できましたか?まだ手元にない方、入手方法が分からない方は、登記事項証明書の取得方法を参考にしてください。登記事項証明書は、不動産の現状を把握するのに欠かせないものなので、必ず入手してください。

この記事では、これから不動産を売りたいと考えている人向けに、登記事項証明書の読み方を解説します。登記事項証明書に記載されている内容は様々ですが、今回は不動産を売るときに必ず目を通して欲しいところについてピックアップします。そもそも売買ができる物件ではなかったということもあるので、事前に確認しましょう。

現地の状況によっては、公図や地積測量図などを取得しなければいけないときもあります。あなたの不動産が「売れる状態かどうか」を確認するためのステップです。商品に仕立ててあげなければ、売れるものも売れなくなってしまいます。

【中古住宅の売却】築30年を越えた木造住宅の売り方

【中古住宅の売却】築30年を越えた木造住宅の売り方・相場

木造住宅は、築年数が30年をこえてくると、いたるところにイタミが出てきます。そのような不動産を相続したときに、一度は考えるのが売却ですよね。とはいえ、国土交通省は木造住宅の耐用年数を27年から30年としているので、果たして価値があるのだろうか?と不安になってしまいます。
今回は、築年数25年~30年前後の中古住宅を売却する方法について解説します。中古住宅の売却では、不動産業者と話を進めることになります。最近では減りましたが、悪徳宅建業者がいまだにいるのも事実です。彼らは言葉巧みにあなたを騙そうとしますので、最低限の知識を備えておきましょう。
今回の記事では、ある相談をベースに解説をすすめます。実際に売却に繋がった方法のひとつですので、あなたの不動産売却にもヒントになる部分があるはずです。損を防いで、利益を拡大しましょう!

【土地活用】市街化調整区域の山林の活用方法

【土地活用】市街化調整区域の山林の活用方法

親が亡くなって、土地を相続することになるといいことばかりではありません。こんな土地を相続してしまったけれども、どうすればいいんだろうか…という土地は多いものです。そのひとつに山林の相続というものがあります。
山林を相続した場合、十中八九が市街化調整区域にある土地でしょう。山林というだけでも、活用は非常に困難です。それが市街化調整区域となったらお手上げだ!となってしまうと思います。
今回は、市街化調整区域の山林を相続してしまった時の対処方法について解説します。非常に特殊なケースなので、調査力がとても大事です。それでも、糸口は見えてきますので、頑張りましょう。

路線価を使って土地の適正価格・相場価格を調べる方法

路線価を使って土地の適正価格・相場価格を調べる方法

土地を購入・売却するときには、土地の適正価格・相場価格を調べる必要があります。 土地の適正価格や相場価格を調べずに、話を進めてしまうと、いろいろなところで損をしてしまいます。 とはいえ、「土地の適正価 ...


あなたが次に困るかもしれないこと・Ad

Copyright© わかった!不動産 , 2021 All Rights Reserved.