「土地の売却」 一覧

宅地・農地・山林などの土地の売却に関するカテゴリーです。

市街化区域の農地(田・畑)は売却できるのか?

市街化区域の農地(田・畑)は売却できるのか?

市街化区域の農地(田・畑)は売却できるのか?について解説しています。農地(田・畑)は、幅広く活用できる可能性を秘めているので、売る以外についても少しだけ触れています。

地目が「山林」の土地は売買できるのか?

地目が「山林」の土地は売買できるのか?

地目が「山林」の土地の売買について解説しています。

地目が「原野」の土地は売買できるのか?

地目が「原野」の土地は売買できるのか?

地目が「原野」の土地は売買できるのか?について解説しています。

地目が「田」の土地は売買できるのか?

地目が「田」の土地は売買できるのか?

地目が「田」の土地の売買について解説しています。

雑種地の売買は農地法が関係するのか?

雑種地の売買は農地法が関係するのか?

雑種地の売買における農地法との関係について解説しています。

雑種地を売るには?

雑種地を売るには?

雑種地を売る方法について解説しています。

抵当権が付着している不動産を売る方法

抵当権が付着している不動産を売る方法

抵当権が付着している不動産を売る方法について解説しています。「抵当権を抹消してから不動産を売る方法(抵当権抹消登記)」「抵当権を抹消せずに、任意売却によって不動産を売る方法」「抵当権を抹消せずに、不動産買取業者に不動産を売る方法」の3つの方法を紹介しています。

リースバック契約とは:メリット・デメリット、自宅への活用と注意点

リースバック契約とは:メリット・デメリット、自宅への活用と注意点

リースバック契約について解説している記事です。リースバック契約について、「リースバックのメリット」、「リースバックのデメリット」、「自宅にリースバックを活用する流れ」、「自宅にリースバックを活用する注意点」、「リースバックの賃料相場と考え方」を解説しています。

no image

不動産業者に預けていた土地の売却を諦めたときに購入希望者が現れた場合の対処法

不動産業者に預けていた土地の売却を諦めたときに購入希望者が現れた場合の対処法について解説している記事です。媒介契約には、「一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約」の3種類がありますが、いずれにも、「契約期限」「違約金」が定められています。できるかぎり不当な解除をしないようにすることがポイントになるので、注意すべき点について解説をしていきます。

農業委員会から農地の譲渡が認められない「家庭菜園」について

農業委員会から農地の譲渡が認められない「家庭菜園」について

この記事について この記事は、わかった!不動産に寄せられた相談をベースに執筆されています。 ケースの背景について理解いただいた上で、読み進めていただければ幸いです。 わかった!不動産へのお問合せはこち ...

土地売却での解体更地渡しについて:タイミング・手付解除と損害賠償

土地売却での解体更地渡しについて:タイミング・手付解除と損害賠償

土地の売買では、「解体更地渡し」という方法があります。固定資産税の節税効果も期待できるので、土地売買では一般的な方法として浸透しています。解体更地渡しの売買では、通常、土地売買契約後に解体に着手し、引き渡しを行います。とはいえ、契約後、解体に着手したにも関わらず「解約」されたらどうするのか?など不安も残ります。この記事では、解体更地渡しのタイミングや手付解除と損賠賠償について解説しています。安心して取引を行うためには、どうすればいいのか参考にしてください。

土地が売れない?業者に騙されていませんか?

不動産業者に売却を依頼したけれども、なかなか売れない。売れないどころか、業者から値下げばかり要求される。そんなに値下げしないと売れないの!?とお悩みでしょうか。
あまりにも市場価格より高すぎるときには、大幅値下げも必要でしょう。しかし、意図的に値下げをさせられているとしたら?あなたが「カモ」られかけているとしたら?
「もしかしたら...。」と思ったら、読み進めてください。わるい不動産業者の手口と解決方法を解説します。

【借入・ローン】不動産の残債・残高の確認方法と重要性

【借入・ローン】不動産の残債・残高の確認方法と重要性

不動産を売るときには、その不動産の残債について確認しなければいけません。住宅ローンなどで借入をすると、不動産に抵当権を設定します。設定された抵当権は、借入が完済されるまで登記事項証明書に記録が残り続けます。なので、残債の有無だけであれば、登記事項証明書を確認すればわかります。

今回お話しするのは、「残債の額がいくらなのか?」です。残債がゼロであれば何も心配はないのですが、残債があるときには、その額が重要になります。不動産を売ることができるのかどうかにかかわるので、必ず確認するようにしましょう。

後半では、残債を確認することの重要性についてお話します。不動産を売るときに残債の額がわかっていることが、どのような点で有利に働くのかです。販売戦略上、とても大事なことなのでしっかりと解説します。

【土地活用】市街化調整区域の山林の活用方法

【土地活用】市街化調整区域の山林の活用方法

親が亡くなって、土地を相続することになるといいことばかりではありません。こんな土地を相続してしまったけれども、どうすればいいんだろうか…という土地は多いものです。そのひとつに山林の相続というものがあります。
山林を相続した場合、十中八九が市街化調整区域にある土地でしょう。山林というだけでも、活用は非常に困難です。それが市街化調整区域となったらお手上げだ!となってしまうと思います。
今回は、市街化調整区域の山林を相続してしまった時の対処方法について解説します。非常に特殊なケースなので、調査力がとても大事です。それでも、糸口は見えてきますので、頑張りましょう。

路線価を使って土地の適正価格・相場価格を調べる方法

路線価を使って土地の適正価格・相場価格を調べる方法

土地を購入・売却するときには、土地の適正価格・相場価格を調べる必要があります。 土地の適正価格や相場価格を調べずに、話を進めてしまうと、いろいろなところで損をしてしまいます。 とはいえ、「土地の適正価 ...


あなたが次に困るかもしれないこと・Ad

Copyright© わかった!不動産 , 2018 All Rights Reserved.