「中古住宅の売却」 一覧

中古住宅の売却に関するカテゴリーです。

抵当権が付着している不動産を売る方法

抵当権が付着している不動産を売る方法

抵当権が付着している不動産を売る方法について解説しています。「抵当権を抹消してから不動産を売る方法(抵当権抹消登記)」「抵当権を抹消せずに、任意売却によって不動産を売る方法」「抵当権を抹消せずに、不動産買取業者に不動産を売る方法」の3つの方法を紹介しています。

リースバック契約とは:メリット・デメリット、自宅への活用と注意点

リースバック契約とは:メリット・デメリット、自宅への活用と注意点

リースバック契約について解説している記事です。リースバック契約について、「リースバックのメリット」、「リースバックのデメリット」、「自宅にリースバックを活用する流れ」、「自宅にリースバックを活用する注意点」、「リースバックの賃料相場と考え方」を解説しています。

要注意!中古住宅を売るときのリフォームについて

要注意!中古住宅を売るときのリフォームについて

長年住んできた家や、相続した実家を売るときに悩ましいのが「リフォーム」すべきかどうかです。見た目がきれいになっている方が売れやすいのは当たり前なのですが、リフォームにはお金がかかります。では、どうすればいいのでしょう?

この記事では、中古住宅を売るときのリフォームについて解説します。できる限りきれいにした方がよいのですが、きれいにするといっても感覚は人それぞれです。どのようなリフォームを、どのくらいすればよいのかについてお話します。

また、あまりにも気合を入れてリフォームをしたことで、逆に売りにくくなってしまった!ということがあります。リフォームの落とし穴についても紹介します。

中古住宅の査定額は「築年数」で8割決まる

中古住宅の査定額は「築年数」で8割決まる

不動産業者に査定を依頼したが「提示された額に納得がいかない!」とお悩みでしょうか。長年過ごした家だったりすると、愛着があるのでひいき目にみてしまうものです。ですが、不動産業者もプロなので、間違いのない価格を提示する責任があります。

今回は、中古住宅の査定額が決まるプロセスを解説します。すべての不動産屋さんに共通するわけではありませんが、基本は一緒です。各社少しずつ強みや方針が違うので、差が生まれます。

記事の後半では、差が生まれる理由についても少しだけ触れます。いわゆる特色なのですが、あなたの業者選びにも関係するので知っておいて損はないでしょう。

簡単な差別化で高値売却!家やマンションの仕様書を用意する

簡単な差別化で高値売却!家やマンションの仕様書を用意する

繁盛しているお店と繁盛していないお店の違いってなんでしょうか?「そりゃ、大規模な資本を投下して、ジャンジャン宣伝しているところでしょう!」と思うかもしれません。それもひとつの答えかもしれませんが、もっともっと当たり前なことだったりします。
「不動産を少しでも高く売りたいなー。」と考えているなら、必ず仕様書を用意しましょう。「仕様書があるかないかくらい関係ないだろう。」と思われるかもしれませんが、大間違いです。本当にちょっとした違いですが、大きな差に繋がります。
今回は、中古市場の特性と仕様書の重要性について解説します。仕様書を揃えるのに、時間は多少かかるかもしれませんが、実費はゼロ円です。コストをかけずに高く売る方法ですので、面倒くさがらずに用意することを強くオススメします。

【中古住宅の売却】築30年を越えた木造住宅の売り方

【中古住宅の売却】築30年を越えた木造住宅の売り方・相場

木造住宅は、築年数が30年をこえてくると、いたるところにイタミが出てきます。そのような不動産を相続したときに、一度は考えるのが売却ですよね。とはいえ、国土交通省は木造住宅の耐用年数を27年から30年としているので、果たして価値があるのだろうか?と不安になってしまいます。
今回は、築年数25年~30年前後の中古住宅を売却する方法について解説します。中古住宅の売却では、不動産業者と話を進めることになります。最近では減りましたが、悪徳宅建業者がいまだにいるのも事実です。彼らは言葉巧みにあなたを騙そうとしますので、最低限の知識を備えておきましょう。
今回の記事では、ある相談をベースに解説をすすめます。実際に売却に繋がった方法のひとつですので、あなたの不動産売却にもヒントになる部分があるはずです。損を防いで、利益を拡大しましょう!


あなたが次に困るかもしれないこと・Ad

著者について

まごころう(通常) 名前:まごころう

職歴:不動産売買
   ・宅地開発分譲
   ・新築建売分譲
   ・新築マンション分譲
   ・中古住宅仲介
   ・中古マンション仲介

資格:宅地建物取引士
   不動産コンサルティングマスター
   不動産鑑定士(1次試験通過)

当サイトへのご質問・ご相談は、以下のページをご利用ください。
お問い合わせページ

Copyright© わかった!不動産 , 2018 All Rights Reserved.