「中古住宅の売却」 一覧


中古住宅の売却に関するカテゴリーです。

あなたが次に困るかもしれないことに関する記事・Ad

カテゴリ一覧

要注意!中古住宅を売るときのリフォームについて

要注意!中古住宅を売るときのリフォームについて

長年住んできた家や、相続した実家を売るときに悩ましいのが「リフォーム」すべきかどうかです。見た目がきれいになっている方が売れやすいのは当たり前なのですが、リフォームにはお金がかかります。では、どうすればいいのでしょう?

この記事では、中古住宅を売るときのリフォームについて解説します。できる限りきれいにした方がよいのですが、きれいにするといっても感覚は人それぞれです。どのようなリフォームを、どのくらいすればよいのかについてお話します。

また、あまりにも気合を入れてリフォームをしたことで、逆に売りにくくなってしまった!ということがあります。リフォームの落とし穴についても紹介します。

不動産売却のベストアンサーは専任媒介契約!が、注意も必要

不動産売却のベストアンサーは専任媒介契約!が、注意も必要

査定額の提示を受けて「お願いしよう!」と思ったが、媒介契約の種類をどうするか迫られて一歩下がってしまったところでしょうか?一般媒介契約、専任媒介契約、専属選任媒介契約の3種類から選んでくださいと急に言われても困ってしまいますよね。ましてや、一般媒介契約以外を選ぶと、ほかの不動産屋さんとは話ができないとなればなおさらです。

この記事では、不動産業者と専任媒介契約を結ぶメリットと注意点について解説します。それぞれの媒介契約にメリット・デメリットがあるのですが、理想的な媒介契約は専任媒介契約です。とはいえ、専任媒介契約を結ぶと、ほかの不動産業者には依頼ができなくなるので少し慎重になる必要があります。

専任媒介契約を結ぶときには、不動産業者をどのようにして選別すればよいのか?なぜ専任媒介契約が理想的なのかなどについて解説します。

中古住宅の査定額は「築年数」で8割決まる

中古住宅の査定額は「築年数」で8割決まる

不動産業者に査定を依頼したが「提示された額に納得がいかない!」とお悩みでしょうか。長年過ごした家だったりすると、愛着があるのでひいき目にみてしまうものです。ですが、不動産業者もプロなので、間違いのない価格を提示する責任があります。

今回は、中古住宅の査定額が決まるプロセスを解説します。すべての不動産屋さんに共通するわけではありませんが、基本は一緒です。各社少しずつ強みや方針が違うので、差が生まれます。

記事の後半では、差が生まれる理由についても少しだけ触れます。いわゆる特色なのですが、あなたの業者選びにも関係するので知っておいて損はないでしょう。

すっきり!不動産の売り出し中は「空き家」がベスト!

すっきり!不動産の売り出し中は「空き家」がベスト!

自宅を売るときに困ったことになるのが、買い手がつくまでの間を「空き家」にするか「居住中」にするかというところですね。これから不動産を売るぞ!という人も、今もう売り出し中です!という人も共通する悩みだと思います。

この記事では、不動産を売り出す準備として「空き家」にする方法について解説します。ひとくちに「空き家」といっても、どうしたらいいのかよくわからないという方もいるでしょう。間違っても社会問題になっているような「空き家」にしてはいけません。

適切に管理されて、売ることを目的にした「空き家」はきれいでなければいけません。どのようにすればきれいな空き家にできるのか、ひとつひとつ確認していきましょう。

掃除は完璧?内見では清潔さも大事です!

掃除は完璧?内見では清潔さも大事です!

購入希望者から問い合わせを受けて、いよいよ内見でしょうか?売り出しているとはいえ、他人に自分の家をじろじろ見られるのは緊張しますよね。でも、緊張なんてしてる場合ではありません。

今回は、内見されるときに綺麗にしておきたい箇所について解説します。人の見た目では「清潔じゃなくても清潔感があればいい」なんて言われます。が、家を売るときには「清潔」でなければいけません。

なぜ「清潔」であることが重要なのか?どんなところを「清潔」にしておくべきなのか?内見の成功を左右する「清潔」について徹底解説します。

Copyright© わかった!不動産 , 2018 All Rights Reserved.