都市計画法 不動産の法律

都市計画法:目的、都市計画区域(準・外)、区域外の建築確認申請

更新日:

都市計画に関する基礎調査

都道府県は、都市計画区域についておおむね5年ごとに、都市計画に関する基礎調査を行うこととされています。PDCAサイクルと同じようなもので、都市計画である以上、計画の進捗を確認する必要があります。人口規模、産業分類別の就業人口規模、市街地の面積、土地利用、交通量など様々な要因をチェックして、再検討します。

準都市計画については、必要があると認められるときとされており、一定期間で必ず行わなければいけないといったものはありません。もともと長期的な展望を考えると開発を抑制したほうがいいというエリアなので、そんなに大きな動きはありません。そもそも何か建てたりしようとしても、行政に止められてしまうので動きがないのが当たり前です。

まとめ

都市計画法とは、街全体を機能的に維持するための法律です。都市計画法によって、わたしたちの生活しやすい街とが守られています。好き勝手に開発をすることを防ぎ、地域のコミュニティを守る大切な仕組みです。

都市計画区域とは、都市として総合的な整備や開発、保全が必要なエリアです。ここは発展させていこう!というエリアです。商業系・工業系・住居系などの指定がされています。

都市計画区域外とは、都市計画区域の外側です。何も指定を受けていないので、基本的には建築自由のエリアです。ただし、工事届けは必要であったり、違法建築物を建てることはできません。

準都市計画区域とは、都市計画区域に指定されるほどではなかったけれども、今後の発展のために管理しておかなければいけないエリアです。都市計画区域の発展に伴って、都市圏が広がっていったときを見込んで指定されます。ですので、今すぐに発展することは期待できませんが、後々の発展は考えられるというエリアです。

-都市計画法, 不動産の法律
-, , ,

Copyright© わかった!不動産 , 2022 All Rights Reserved.