都市計画区域 市街化区域 用途地域 準工業地域 都市計画法 不動産の法律

準工業地域の容積率は前面道路の影響を受けるのか?

更新日:

準工業地域の容積率は、前面道路の幅員による影響を受けます。

準工業地域の容積率は、

  • 都市計画により定められた容積率:100%、150%、200%、300%、400%、500%のいずれか
  • 前面道路の幅員による容積率:前面道路の幅員(m) × 0.6 × 100

のうち、いずれか低い方が適用されます。

まごころう

たとえば、都市計画により定められた容積率が500%で、前面道路の幅員が8mであった場合、

  • 都市計画により定められた容積率:500%
  • 前面道路の幅員による容積率:8m × 0.6 × 100 = 480%

なので、低い方である480%が適用されます。


あなたが次に困るかもしれないこと・Ad


あなたが次に困るかもしれないこと・Ad

-都市計画区域, 市街化区域, 用途地域, 準工業地域, 都市計画法, 不動産の法律

Copyright© わかった!不動産 , 2018 All Rights Reserved.