開発許可 都市計画法 不動産の法律

開発許可を取得するときには、建築確認を受けなくてもよいのか?

投稿日:

開発許可を取得するときには、開発許可を取得し、開発工事が完了したあとに建築確認申請を行います。

まごころう

法律の関係としては、

  • 開発許可:都市計画法
  • 建築確認:建築基準法

となります。

開発行為は、あくまでも土地の区画形質の変更なので、建物については考慮しません。
(※ どのような建物を建てる予定なのかは審査があります。)

以下、くわしい解説を続けます。

開発許可の申請から建築確認申請までの流れ

開発許可の申請から建築確認申請までは、

  1. 開発許可申請を提出する
  2. 建築許可申請を提出する
  3. 申請内容を開発審査会が承認する
  4. 許可証が交付される
  5. 開発工事に着工し、完了する
  6. 開発工事完了検査を受ける
  7. 検査済証の交付を受ける
  8. 建築確認を申請する

という流れになります。

まごころう

冒頭でもお伝えしたように、開発行為は「土地の造成工事」です。

ですので、建物を建てるための準備にすぎません。

1番〜7番までの処理が完了し、建物を建てるための土地が整ってから建築確認申請を行います。


あなたが次に困るかもしれないこと・Ad


あなたが次に困るかもしれないこと・Ad

-開発許可, 都市計画法, 不動産の法律

Copyright© わかった!不動産 , 2018 All Rights Reserved.