中古住宅の売却 建物の売却 不動産を売りたい

【中古住宅の売却】築30年を越えた木造住宅の売り方・相場

更新日:


【中古住宅の売却】築30年を越えた木造住宅の売り方

木造住宅は、築年数が30年をこえてくると、いたるところにイタミが出てきます。そのような不動産を相続したときに、一度は考えるのが売却ですよね。とはいえ、国土交通省は木造住宅の耐用年数を27年から30年としているので、果たして価値があるのだろうか?と不安になってしまいます。

今回は、築年数25年~30年前後の中古住宅を売却する方法について解説します。中古住宅の売却では、不動産業者と話を進めることになります。最近では減りましたが、悪徳宅建業者がいまだにいるのも事実です。彼らは言葉巧みにあなたを騙そうとしますので、最低限の知識を備えておきましょう。

今回の記事では、ある相談をベースに解説をすすめます。実際に売却に繋がった方法のひとつですので、あなたの不動産売却にもヒントになる部分があるはずです。損を防いで、利益を拡大しましょう!

この記事からわかること

  • 相場価格の調べ方
  • 不動産買取業者の活用方法
  • 不動産買取業者のメリット・デメリット
  • 不動産仲介業者の活用方法
  • 不動産仲介業者のメリット・デメリット
  • 建物を解体するべきか否か
  • リフォームをするべきか否か

ケーススタディ:築30年の木造中古住宅を売りたい

ケーススタディ:築30年の木造中古住宅を売りたい

S.Kou
今回は、どんなことでお悩みですか?
ケイコさん
実は、親が亡くなって実家を相続したんです。

でも、新居を建てたばかりなので、実家に住むつもりもないんです。

S.Kou
なるほど。相続したものの、使い道がなくて困っているのですね。

でしたら、売却してしまいましょう。

ケイコさん
ものすごく古いし、あまりメンテナンスもしてなかったのでボロボロですよ...。

売れるような価値があるのでしょうか...。

家を建てたばかりなので、リフォームや解体をするお金もないですし。

S.Kou
大丈夫です、安心してください。

固定資産税もかかりますから、有効活用してくれる人を探して売却してしまいましょう!

トラブルの内容

親が亡くなり、実家(築30年の木造住宅)を相続した。しかし、新居を構えたばかりで実家に住むつもりもない。固定資産税もかかるので売却したいが、ろくにメンテナンスもしていないボロボロの家なので売れるか不安。

知りたいこと

築30年の木造住宅でも価値があるのかどうか。また、価値があるのならば、どのようにすれば売ることができるのか。リフォームや解体はすべきなのか。

相場価格を調べる

相場価格を調べる

不動産を売るときには、必ず相場価格を調べましょう。相場価格を知らずに、不動産屋さんと話をしても判断する軸がないのでいい話にはなりません。そこまで難しくはないので、まずはがんばってみましょう。

建物価格はゼロ円

いきなり厳しい話になりますが、築30年の木造住宅はゼロ円の価値しかありません。人が住めるのにゼロ円なんですか!と思われるかもしれませんが、市場価値と使用価値は別物です。たとえ住めたとしても、欲しがる人がいなければ価値はゼロ円です。

でも、不動産屋さんに査定してもらったら50万円~100万円と書いてありましたけど、なぜですか?と思われるかもしれません。これは俗にいう「色をつける」ということです。業者からしても、あなたの家はゼロ円ですとは言いにくいので、とりあえず値段を付けておこうというわけです。

土地の価格がメイン

すこしポジティブにするならば、築30年以上の中古住宅では余計なことは考えず、シンプルに土地価格だけを見ればよいということです。土地の価格を査定するときは路線価と実際に売り出されている価格が重要になります。路線価から適正価格を割り出す方法については、別の記事にまとめてありますので参考にしてください。

S.Kou
これから不動産屋さんと話を進めるうえで、相場価格を知っているか知っていないかは全然違います。

ひどい業者になると、無知につけこんで騙そうとしてきますので注意してください。

ケイコさん
不動産の価値を知らなかったら話ができないということですね!

周辺相場を簡単に入手するなら

三菱UFJ信託銀行グループの三菱UFJ不動産販売が運営する不動産中古物件のポータル情報サイト「住まい1」の利用がおすすめです。

会員登録(無料)をするだけで、

  • 売却したい物件周辺の売却事例
  • 売却したい物件周辺で売りに出ている物件のわかりやすいデータ
  • 売却したい物件の購入検討者情報の確認

などの情報を入手できます。

登録は5分で終わります。

次のページについて

次のページでは、「宅建業者に買い取ってもらう方法」、「不動産仲介業者に依頼する方法」について解説します。

あなたが次に困るかもしれないことに関する記事・Ad

次のページへ >

不動産を買いたい

不動産を買いたい

「不動産を買いたい方」向けの情報がまとまっています。
不動産を買う時には、探すことから始まりますが、無事に引き渡しを受けるまでは気を抜くことができません。
探し方のコツ、物件の選び方、価格交渉などの進め方について、解説をしています。

関連カテゴリ

不動産を買いたい
土地の購入
建物の購入

関連記事

不動産を売りたい

不動産を売りたい

「不動産を売りたい方」向けの情報がまとまっています。
不動産を売る時には、不動産業者選びやタイミングが成否を分かちます。
不動産業者選びのコツ、相場価格の見極め方、よりよい取引につなげるヒントについて、解説をしています。

関連カテゴリ

不動産を売りたい
土地の売却
建物の売却

関連記事

不動産の調査

不動産の調査

「不動産の調査方法」に関する情報がまとまっています。
不動産を扱う時には、どれだけ情報を集められるかが大事です。
基本的な情報の集め方、価格や税金の調査方法について、解説をしています。

関連カテゴリ

不動産の調査
不動産の基礎調査
不動産の価格に関する調査
不動産の税金に関する調査

関連記事

不動産関連法令

不動産関連法令

「不動産関連法令」に関する情報がまとまっています。
不動産に関係する法律は数多く、知らずにいると思わぬ落とし穴にはまります。
都市計画法、建築基準法、農地法などから、より深い重要法令まで解説をしています。

関連カテゴリ

不動産関連法令
都市計画法
建築基準法
土地区画整理法
農地法
不動産登記法
土地収用法
国土利用計画法
生産緑地法

関連記事

不動産の税金

不動産の税金

「不動産の税金」に関する情報がまとまっています。
不動産と税金は切っても切り離せない関係ですが、少しの工夫で状況が大きく変わります。
買う時の税金、売るときの税金、保有による税金にわけて、解説をしています。

関連カテゴリ

不動産の税金
買うときの税金
売るときの税金
保有による税金

関連記事

不動産用語

不動産用語

「不動産用語」に関する情報がまとまっています。
不動産用語の中には、普段の生活にはなじみのない用語がたくさん出てきます。
不動産売買から住宅ローン、登記関連など重要な用語について、幅広く解説をしています。

関連カテゴリ

不動産用語
土地の不動産用語
マンションの不動産用語
中古不動産売買の不動産用語
住宅ローンの不動産用語
不動産登記の不動産用語

関連記事

-中古住宅の売却, 建物の売却, 不動産を売りたい
-, ,

Copyright© わかった!不動産 , 2018 All Rights Reserved.