山林 地目 不動産用語

地目が「山林」の土地の地盤について

更新日:

地目が「山林」の土地の地盤は、

  • 切土を行う場合
    (※もともとある土地を切り出して、平地を作る)
  • 盛り土を行う場合
    (※もともとある土地に土砂を流し込んで、平地を作る)

によって判断が変わります。

基本的に、切土を行う場合には、もともと踏み固められた地盤を活用するので、地盤が安定しているケースがあります。

しかし、盛り土を行う場合には、新たに土砂を流し込んで地盤を作るので、地盤が緩いケースが多くなります。

また、当該土地の周辺の状況に応じて、擁壁などを作らなければいけません。

原則として、

  • 支持地盤がある
  • 適切な地盤改良工事を行う

場合には、一定の安全性を認めることができます。
(※地盤保証の有無を確認することで、大体の安全性が確認できます。)

まごころう

山林の地盤を考えるときには、

  • 急傾斜地崩壊危険区域
  • 土砂災害警戒危険区域

などに指定されていないかどうかも確認してください。

指定を受けている場合、生活をするには確実に向いていません。

台風などにより大雨にさらされれば、土砂崩れなどが起きる可能性が高く、巻き込まれて死亡するリスクが格段に高まります。

急傾斜地崩壊危険区域(および土砂災害警戒危険区域)については、以下の記事を参考にしてください。


あなたが次に困るかもしれないこと・Ad


あなたが次に困るかもしれないこと・Ad

-山林, 地目, 不動産用語

Copyright© わかった!不動産 , 2018 All Rights Reserved.