不動産の登記 抵当権変更登記

抵当権変更登記の登記義務者

更新日:

抵当権変更登記の登記義務者

ある登記について、登記をすることで(形式上の)不利益を被る者を「登記義務者」といいます。

抵当権変更登記の場合、

  • (形式上の)利益を得る者:債権者(お金を貸している人)
  • (形式上の)不利益を得る者:債務者(お金を借りている人)

です。

ですので、抵当権変更登記の登記義務者は「債務者(お金を借りている人)」になります。

まごころう

たとえば、債務者(お金を借りている人)が死亡してしまい、抵当権の債務者を変更する場合には、

  • あなた(債務者):登記義務者
  • 金融機関(債権者):登記権利者

となります。

ココがポイント

抵当権を変更することで困るのは「債務者(お金を借りている人)」なので、法的に抵当権変更登記に協力する義務を課している。

-不動産の登記, 抵当権変更登記
-,

Copyright© わかった!不動産 , 2018 All Rights Reserved.