所有権移転登記の費用 所有権移転登記 不動産の登記

所有権移転登記の費用は取得価格で決まるのか?

更新日:


所有権移転登記の費用は取得価格の影響を受けません。

この記事では、

  • 取得価格と課税標準(固定資産税評価額)
  • 課税標準(固定資産税評価額)の目安

について解説しています。

まごころう

購入予算を計算する段階で、取得価格を基準にして所有権移転登記の費用を算出しているのであれば、実際より高く見積もりがでます。

高く見積もるので、蓋を開いて「安くなった!」と喜ぶだけではあるのですが、

  • 取得価格
  • 課税標準(固定資産税評価額)

の関係上、倍くらいに見積もりが膨らんでいる可能性があります。

見積もりが原因で躊躇されているのであれば問題ですので、誤解を解いてしまいましょう。


取得価格と課税標準(固定資産税評価額)

所有権移転登記の費用は、

  • 登録免許税
  • 司法書士報酬
  • そのほか実費

があります。

もっとも高額になるのは「登録免許税」ですが、登録免許税の計算に使うのは「固定資産税評価額」です。
(※つまり、不動産の取得価格は使いません。)

まごころう

登録免許税の計算では、

  • 課税標準 × 税率 = 登録免許税額

となりますが、登録免許税の課税標準は「固定資産税評価額」です。

課税標準(固定資産税評価額)の目安

課税標準(固定資産税評価額)の目安は、

  • 土地:取得価格の60%前後
  • 建物:取得価格の60%〜70%前後

です。

たとえば、

  • 土地の取得価格:1,500万円
  • 建物の取得価格:2,000万円

の中古住宅であれば、

  • 土地の課税標準(固定資産税評価額):900万円
  • 建物の課税標準(固定資産税評価額):1,200万円〜1,400万円

が課税標準(固定資産税評価額)の目安になります。

まごころう

あくまでも「目安」です。

より正確に知りたい場合には、売主などから固定資産税評価額の通知書などを提示してもらう必要があります。


あなたが次に困るかもしれないこと・Ad


あなたが次に困るかもしれないこと・Ad

不動産を買いたい

不動産を買いたい

不動産の購入

より細かい内容(クリック開閉)

不動産を売りたい

不動産を売りたい

不動産の売却

より細かい内容(クリック開閉)

税金を調べたい

不動産の税金

不動産の税金

より細かい内容(クリック開閉)

不動産用語を調べたい

不動産用語

不動産用語

より細かい内容(クリック開閉)

-所有権移転登記の費用, 所有権移転登記, 不動産の登記

Copyright© わかった!不動産 , 2018 All Rights Reserved.