相場より大幅に安く中古不動産を購入する裏ワザ的な方法

これから紹介する方法は「任意売却物件」に出会える確率を高める方法です。

任意売却物件とは

売り出される不動産には、おおまかに3種類あります。

  • 普通の不動産
  • 任意売却による不動産
  • 競売による不動産

です。

普通の不動産は、買主と売主がほぼ平等な立場で交渉をすすめるので、なかなか有利な条件は引き出せません。

競売による不動産は、売主が圧倒的に不利なので有利な条件を引き出せますが、さまざまなトラブルを抱えていて、かなりリスクが高いです。

任意売却による不動産は、両者の中間に位置する不動産で、売り主に比較的有利な条件を引き出すことができ、さらに安心して購入ができるものです。

住宅ローンを組んで不動産を購入した場合、ローンの支払いを続けなければいけません。

ローンの支払いができなくなったときに、売主は金融機関と相談をして「任意売却」を行います。

ローンの支払いが滞った場合、競売で売ることもできますが、かなり安値になってしまいます。

不動産を手放してもなおローンが残っていることになり、売主にとっては望ましい状態ではありません。

任意売却では、売主とローンを貸している金融機関が相談をして、ローンが完済できる範囲で不動産を売ることを目的とします。

金融機関が値付けの主導権を握ることになり、

  • ローンの支払いが長い間滞るのは困る(早く売りたい)
  • ローンの残りが回収できればよい(安くても条件を満たしていればよい)

ので、任意売却物件の購入は、中古不動産を探している買主にとっては「お買い得」になりやすいのです。

しかし、「任意売却物件」は、なかなか見つけることができません。

なぜなら、専門の業者にのみ情報が開示されるからです。

専門の業者とは、任意売却を取り扱っている不動産業者です。

任意売却物件は、金融機関から各業者に依頼があり、内密に売却をすすめます。

しかし、業者が任意売却をすすめるときには、特別な売り方をするわけではありません。

「任意売却物件ですよ。」ということを伏せて、通常と同じように売却が進められます。

つまり、わたしたちが様々な情報サイトで見ている中古不動産の中にも「任意売却物件」は紛れているのです。

ここで活用したいのが、三菱UFJ信託銀行グループの傘下である三菱UFJ不動産販売が運営する「住まい1」という不動産中古物件のポータル情報サイトです。

首都圏・名古屋・関西エリア限定の中古不動産情報が数多く取り扱われています。

「住まい1」に掲載されている物件は、ほかのポータルサイトに掲載されていないものも多くあります。

重要なことは、三菱UFJ信託銀行グループが関係していることです。

勘の良いあなたなら、もうお気付きかと思います。

100%出会えるわけではありませんが、出会える確率が高まることは間違いがありません。

ほかでは手に入らないメリットを、首都圏・名古屋・関西エリアで中古不動産を探している方限定で得ることができます。
※しかも、利用は無料です。

「住まい1」では、会員登録(無料)をすることで、

  • お気に入り物件の保存(最大30件)
  • 検索条件の保存(最大5件)
  • 新着物件メールサービス
  • マンションライブラリー新着物件メールサービス
  • 最近見た物件の表示(最大20件)
  • 物件比較(最大5件)
  • お問い合わせ物件の保存(最大10件)

などのサービスを受けることができます。

登録は3分で終わります。

登録後は、あなたの探している不動産の条件を入力して通知を待つだけです。

S.Kou
物件の性質上、「ここで任意売却物件が買えますよー!」と公に告知されることは、確実にありません。

ですので、任意売却物件があることを証明することは不可能です。

ただ、長く不動産業界にいる経験として、間違いなく「売却の場」に利用されていると考えています。

業界の人間でもなかなか手に入らない情報を入手できる確率を、無料で高めることができるのは、かなりの魅力です。

投稿日:

Copyright© わかった!不動産 , 2018 All Rights Reserved.