「マイナス金利」 一覧

日本型マイナス金利の仕組み

日本型マイナス金利の仕組み

黒田東彦日本銀行総裁(以下、黒田日銀総裁)は、第3の黒田バズーカ「マイナス金利政策」の導入を発表しました。マイナス金利の導入を受けて、日本初の試みという未知数に市場では混乱が広がっています。この記事では、日本型マイナス金利の仕組みについて解説します。
欧州では、すでにマイナス金利政策が導入されています。しかし、日本で導入されたマイナス金利政策は、欧州と若干性質が異なります。日本銀行の役割を再確認しながら、日本型マイナス金利について正しい理解をしましょう。
マイナス金利政策を正しく理解することは、今後市場で何が起きるのかを考えるうえでも重要なことです。不動産について考えている場合には、住宅ローンがどうなるのかも気になるところでしょう。正しい判断をするための第一歩ですので、しっかりとおさえましょう。

マイナス金利を導入した欧州(EU)の今

マイナス金利を導入した欧州(EU)の今

日本に先駆けて、欧州(ユーロ圏・デンマーク・スイス・スウェーデン)はマイナス金利を導入しています。いまだ、効果を見極めるには十分な期間とデータが揃っていないといわれていますが、参考になるのは間違いありません。これから日本で起きるかもしれないことを知って、備えておくにこしたことはありませんよね。
今回の記事では、まず欧州で導入されているマイナス金利政策と日本のマイナス金利政策の違いを確認します。欧州と日本では、性質や強さが異なります。日本のマイナス金利政策は、欧州に比べればずいぶんと弱いものなので、過度に脅える必要はないということを理解しましょう。
いいことばかりではないマイナス金利政策ですが、欧州で確認されている副作用もおさえておきましょう。社会環境が日本とは異なるので、まったく同じことが起きるかといえば言い切れませんが、似たようなことは十分起こりえます。

なぜ今、日本銀行はマイナス金利を導入したのか?

なぜ今、日本銀行はマイナス金利を導入したのか?

今日本では、安倍晋三内閣総理大臣(以下、安部首相)の主導の下、日本経済を回復させるためのアベノミクスが展開されています。今回は、三本の矢こと「大胆な金融政策・機動的な財政政策・民間投資を喚起する成長戦略」のなかでも、大胆な金融政策と民間投資を喚起する成長戦略に通ずる政策が発表されました。世間では、第3の黒田バズーカともいわれているマイナス金利です。
日本では始めて導入されたマイナス金利ですが、いたるところから疑問の声が聞こえてきます。黒田東彦日本銀行総裁(以下、黒田日銀総裁)がマイナス金利を導入したことには、様々な理由があります。一体どんな理由があって、今、マイナス金利の導入にいたったのでしょうか?
今回は、マイナス金利の導入にいたった背景を見ていきます。また、マイナス金利の導入によって影響が出ている銀行預金・円高株安市場・住宅ローンについての疑問にもお答えします。マイナス金利の「なぜ」を確認しましょう。

マイナス金利の日本国内への影響

マイナス金利の日本国内への影響

平成28年1月29日、黒田東彦日本銀行総裁(以下、黒田日銀総裁)は、第3の黒田バズーカ「マイナス金利政策」の導入を発表しました。マイナス金利は、施行後に新たに預けられる超過準備額に対して適用されます。限定的な導入ですが、日本国内で様々な影響があるのは間違いがありません。
今回の記事では、日本国内でどんなことが起ころうとしているのかを解説します。銀行や住宅ローンへの影響ばかりがメディアでは取り上げられますが、まったく別のところでも影響が出始めています。時代の流れに乗り遅れる前にポイントをしっかりおさえましょう。
黒田日銀総裁は、インフレ目標の2%を達成するためであれば、今後の追加緩和もありえると明言しています。欧州のマイナス金利政策が長期化しているように、日本でも長期化することが十分考えられます。

マイナス金利と住宅ローン:正しい新規借入と借り換え

マイナス金利と住宅ローン:正しい新規借入と借り換え

平成28年1月29日、日本銀行はマイナス金利の導入を発表しました。日本では、初めてとなる試みであり、様々なところで影響について議論が交わされています。世界的にみても、欧州諸国の一部で導入されたことがあるだけで、その効果についても諸刃の剣と評されている。
いわゆる、第三の黒田バズーカとされる今回の景気刺激策ですが、住宅ローンへの影響はどうなっているのでしょうか。これから借りる人も、すでに借りている人も、どうしたらいいのかよく分からないと困っていませんか?結論から言えば、今がタイミングです。
とはいえ、家計の大部分を占める住宅ローンですから、状況を理解せずに動くのは不安ですよね。記事の前半では、マイナス金利の初歩的な部分から住宅ローンへの影響について解説します。後半では、ケースに応じてどうするのがベストなのかを具体例と一緒に説明します。
ボーっと見ているだけでは、大損をする時代です。なんだかよく分からないうちに損してしまわないように、しっかりと理解して備えましょう。

Copyright© わかった!不動産 , 2020 All Rights Reserved.