「住宅ローン」 一覧

【借入・ローン】不動産の残債・残高の確認方法と重要性

【借入・ローン】不動産の残債・残高の確認方法と重要性

不動産を売るときには、その不動産の残債について確認しなければいけません。住宅ローンなどで借入をすると、不動産に抵当権を設定します。設定された抵当権は、借入が完済されるまで登記事項証明書に記録が残り続けます。なので、残債の有無だけであれば、登記事項証明書を確認すればわかります。

今回お話しするのは、「残債の額がいくらなのか?」です。残債がゼロであれば何も心配はないのですが、残債があるときには、その額が重要になります。不動産を売ることができるのかどうかにかかわるので、必ず確認するようにしましょう。

後半では、残債を確認することの重要性についてお話します。不動産を売るときに残債の額がわかっていることが、どのような点で有利に働くのかです。販売戦略上、とても大事なことなのでしっかりと解説します。

マイナス金利と住宅ローン:正しい新規借入と借り換え

マイナス金利と住宅ローン:正しい新規借入と借り換え

平成28年1月29日、日本銀行はマイナス金利の導入を発表しました。日本では、初めてとなる試みであり、様々なところで影響について議論が交わされています。世界的にみても、欧州諸国の一部で導入されたことがあるだけで、その効果についても諸刃の剣と評されている。
いわゆる、第三の黒田バズーカとされる今回の景気刺激策ですが、住宅ローンへの影響はどうなっているのでしょうか。これから借りる人も、すでに借りている人も、どうしたらいいのかよく分からないと困っていませんか?結論から言えば、今がタイミングです。
とはいえ、家計の大部分を占める住宅ローンですから、状況を理解せずに動くのは不安ですよね。記事の前半では、マイナス金利の初歩的な部分から住宅ローンへの影響について解説します。後半では、ケースに応じてどうするのがベストなのかを具体例と一緒に説明します。
ボーっと見ているだけでは、大損をする時代です。なんだかよく分からないうちに損してしまわないように、しっかりと理解して備えましょう。

住宅ローンアドバイザーとは:FP(ファイナンシャルプランナー)との違い

住宅ローンアドバイザーとは:FP(ファイナンシャルプランナー)との違い

住宅ローンアドバイザー(じゅうたくろーんあどばいざー) 住宅ローンアドバイザーは、文字通り住宅ローンに関するアドバイスをする専門家です。ただ、住宅ローンに関するアドバイスができれば誰でもいいというわけ ...

Copyright© わかった!不動産 , 2019 All Rights Reserved.