「接道義務」 一覧

接道義務とは:概要(要件および例外など)、建築基準法、特殊な土地

接道義務とは:概要(要件および例外など)、建築基準法、特殊な土地

建築物を建てる時には、かならず「接道義務」を満たす必要があります。一般的には、間口が2m以上道路に接していればよいとされますが、接し方には様々なケースが存在します。また、大規模建築物には、4m(もしくは、6m)以上の接道が求められるなど、例外も少なからずあります。接道義務を満たしていない土地は、土地評価を適正に行うことができず、住宅ローンが組めないなどの問題も起こりかねません。この記事では、接道義務について詳しく解説しています。接道義務の概要から特殊なケースにおける取り扱いについて、幅広く解説しています。用悪水路など、ぱっと見問題がないように見えて、実際には接道義務に違反してしまうケースもあるので注意してください。

接道義務を満たすことのできる建築基準法による道路とは

接道義務を満たすことのできる建築基準法による道路とは

建築基準法 第42条1項1号〜5号および建築基準法 第42条2項には、建築基準法による道路が規定されています。建築物を建築するときには、接道義務を果たす必要がありますが、建築基準法による道路として認められているものでなければ、接道義務を果たす道路として活用することはできません。この記事では、接道義務を満たすことのできる建築基準法による道路について解説しています。道路そのものの規定に加えて、道路の幅員の調べ方、道路内の建築制限、壁面線の指定、私道の変更および廃止など、細かな規定にも触れていきます。建物を建築する上で、道路は無視できないものであり、調べずに話を進めた結果、そもそも建築ができない場所だったということも起こり得ます。トラブルが起きる前に、道路についてしっかりとポイントをおさえておきましょう。

Copyright© わかった!不動産 , 2019 All Rights Reserved.