「登記事項証明書」 一覧

登記事項証明書の読み方(不動産を売りたい人編)

不動産を売りたい人の為の登記事項証明書の読み方

登記事項証明書は入手できましたか?まだ手元にない方、入手方法が分からない方は、登記事項証明書の取得方法を参考にしてください。登記事項証明書は、不動産の現状を把握するのに欠かせないものなので、必ず入手してください。

この記事では、これから不動産を売りたいと考えている人向けに、登記事項証明書の読み方を解説します。登記事項証明書に記載されている内容は様々ですが、今回は不動産を売るときに必ず目を通して欲しいところについてピックアップします。そもそも売買ができる物件ではなかったということもあるので、事前に確認しましょう。

現地の状況によっては、公図や地積測量図などを取得しなければいけないときもあります。あなたの不動産が「売れる状態かどうか」を確認するためのステップです。商品に仕立ててあげなければ、売れるものも売れなくなってしまいます。

【登記事項証明書】登記の順位と不動産トラブル

不動産トラブルは頻繁に起きることではありませんが、起こったときには大問題に発展しやすいケースが多いです。そんなトラブルを防ぐために登記には順位が設定されています。登記の順位と意味についてしっかり知り、正しく備えましょう。

【登記事項証明書】権利部(甲区・乙区)の読み方

登記事項証明書から情報を正確に知るためには、表題部よりも権利部の方が大事です。ですが、表題部より権利部のほうがややこしくわかりにくいのが常です。今回は自力で権利部を読むのに必要な知識を解説します。

【登記事項証明書】表題部と権利部の内容(+共同担保目録)

登記事項証明書を取得すると、A4の紙が1枚か2枚ほどもらえます(たまに多いこともありますが)。登記事項証明書に書かれている内容は、一定の段落構成にしたがって書かれています。今回は、どんな構成で、どんな内容なのか解説します。

【登記事項証明書】取得方法と注意点

【登記事項証明書】取得方法と注意点

不動産について調べたり、理解しようとするときに必要不可欠な書類が「登記事項証明書」です。登記事項証明書には、対象となる不動産のこれまでの歩みと現状が記されています。簡単な形状や権利関係をただしく把握するのに、とても重要な書類です。
この記事では、登記事項証明書の基本から取得方法まで解説します。不動産についての第一歩になる方も多いかもしれませんので、できるだけ丁寧に解説を進めます。一歩一歩進めていけば、必ず登記事項証明書を入手できるので頑張りましょう。

登記事項証明書と登記簿:違いと種類

登記事項証明書と登記簿:違いと種類

不動産屋さんと話をしていると「謄本ありますか?」とか、「登記ありますか?」と聞かれることがあります。正しくは「登記事項証明書」または「登記簿謄本」といいます。では、「登記事項証明書と登記簿謄本は同じものか?」というと、違うものです。
この記事では、登記事項証明書と登記簿謄本の違いについて解説します。また、全部事項要約書や一部事項証明書など、登記関連でややこしい書類の違いについても解説します。ちょっとした違いですが、混乱を避けるためにもはっきりさせておきましょう。

【登記事項証明書】読み方と取得・申請方法

不動産を購入・検討するときには、登記事項証明書を取得することになります。登記事項証明書の取得といわわれも、普段聞きなれないものなのでよくわからない方もいらっしゃるでしょう。今回は、登記事項証明書について、簡単な説明と取得方法を紹介します。

Copyright© わかった!不動産 , 2021 All Rights Reserved.