「相場」 一覧

【中古住宅の売却】築30年を越えた木造住宅の売り方

【中古住宅の売却】築30年を越えた木造住宅の売り方・相場

木造住宅は、築年数が30年をこえてくると、いたるところにイタミが出てきます。そのような不動産を相続したときに、一度は考えるのが売却ですよね。とはいえ、国土交通省は木造住宅の耐用年数を27年から30年としているので、果たして価値があるのだろうか?と不安になってしまいます。
今回は、築年数25年~30年前後の中古住宅を売却する方法について解説します。中古住宅の売却では、不動産業者と話を進めることになります。最近では減りましたが、悪徳宅建業者がいまだにいるのも事実です。彼らは言葉巧みにあなたを騙そうとしますので、最低限の知識を備えておきましょう。
今回の記事では、ある相談をベースに解説をすすめます。実際に売却に繋がった方法のひとつですので、あなたの不動産売却にもヒントになる部分があるはずです。損を防いで、利益を拡大しましょう!

抵当権抹消登記とは:手続き、必要書類、費用と相場、申請書作成方法

抵当権抹消登記とは:手続き、必要書類、費用と相場、申請書作成方法

住宅ローンが完済すると抵当権抹消登記をすることになるのが一般的です。抵当権抹消登記とは、抵当権を消す登記です。その性質上、抵当権を設定した金融機関などから許可がなければ、抵当権抹消登記を行うことはできません。
抵当権抹消登記が行えるということは、融資を完済しているので差し押さえなどのリスクは通常考えられません。なので、別にしなくてもいいのではないのか?と思う方もいるでしょう。ですが、相続や急な売却になったときに困るのが常です。
今回は、抵当権抹消登記がどういうものなのかということや、費用など知っておくべき内容を抑えつつ、注意点も説明します。これを読めば、抵当権抹消登記についてはバッチリです。

【抵当権設定登記とは】費用(相場)、必要書類、登録免許税の軽減など

【抵当権設定登記とは】費用(相場)、必要書類、登録免許税の軽減など

抵当権設定登記について解説している記事です。「抵当権設定登記の基礎知識」「抵当権設定登記の流れ」「抵当権設定登記の費用」「抵当権設定登記に関する特別なケース」について触れています。登録免許税の軽減に関する情報など、費用負担を大幅に削減する方法も掲載しています。

路線価を使って土地の適正価格・相場価格を調べる方法

路線価を使って土地の適正価格・相場価格を調べる方法

土地を購入・売却するときには、土地の適正価格・相場価格を調べる必要があります。 土地の適正価格や相場価格を調べずに、話を進めてしまうと、いろいろなところで損をしてしまいます。 とはいえ、「土地の適正価 ...

Copyright© わかった!不動産 , 2022 All Rights Reserved.