「空き家」 一覧

すっきり!不動産の売り出し中は「空き家」がベスト!

すっきり!不動産の売り出し中は「空き家」がベスト!

自宅を売るときに困ったことになるのが、買い手がつくまでの間を「空き家」にするか「居住中」にするかというところですね。これから不動産を売るぞ!という人も、今もう売り出し中です!という人も共通する悩みだと思います。

この記事では、不動産を売り出す準備として「空き家」にする方法について解説します。ひとくちに「空き家」といっても、どうしたらいいのかよくわからないという方もいるでしょう。間違っても社会問題になっているような「空き家」にしてはいけません。

適切に管理されて、売ることを目的にした「空き家」はきれいでなければいけません。どのようにすればきれいな空き家にできるのか、ひとつひとつ確認していきましょう。

空き家問題 - 概要、原因、影響と対策について

空き家問題 - 概要、原因、影響と対策について

最近では、ニュース・新聞で頻繁に聞くようになった「空き家問題」という言葉。少子高齢化、人口減少、相続問題など、現代日本を悩ませる大きな課題に寄り添って眠っていた社会問題。NRI(野村総合研究所)の発表によれば、2033年に予想される空き家総数は約2,150万戸と言われています。
3軒に1軒は空き家...そんな時代が目の前に迫っている、今。わたしたちは、空き家について真剣に考えなければならない時が来ています。今回は、空き家問題についてしっかりと考えるための導入について解説します。
過去から現在、そして未来へ。まずは、どのようにして空き家問題が変遷してきたのかを解説します。その後、空き家が社会に与える影響と対策などを紹介します。ひとりひとりの正しい認識と、小さな努力が空き家問題の解決には不可欠です。

空き家とは:問題・対策措置法・バンク、固定資産税

空き家とは:問題・対策措置法・バンク、固定資産税

最近、新聞の見出しなどでよくみる「空き家」ということば。景観を損なうだけではなく、深刻なトラブルを引き起こす火種になるとされています。行政代執行など、なんだか恐ろしそうな言葉も取り上げられています。
空き家問題は、「ちょっと不気味だなぁ...。」で片付いてしまうことではありません。犯罪や自然災害による被害の拡大などを助けてしまうのです。人口が減っていく以上、空き家はこれからも増え続ける可能性が大です。
また、固定資産税と空き家問題は、切っても切り離せない関係を持っています。空き家問題の解決を邪魔している最大要素といっても過言ではありません。そんな根深い問題を解決するために施行された空き家問題特別措置法や、行政が主体となっている空き家バンクなど。
今回は、空き家について深堀していきます。そもそも空き家とは何か?に始まり、空き家問題をより正しく理解していきましょう。

【譲渡所得税】相続空き家の売却で3000万円特別控除

散歩をしていると、明らかに空き家だなと思われる物件が増えてきました。あなたの周りでも、すこし暗い雰囲気を出している空き家が思い当りませんか?この空き家が深刻な社会問題になりつつあります。
放っておくと犯罪の温床になるなど、マイナス効果しかない空き家問題。わたしには関係がないしなぁと思うかもしれませんが、そうとも言い切れないのが空き家を使った悪事の数々です。振り込め詐欺、クレジットカードの不正利用、出火による近隣住宅の消失など、挙げればキリがありません。
問題の解決を急ぐ政府から新たな解決促進案が先日発表されました。今回発表された案は、空き家を相続する予定の方や、空き家を現に相続した方には節税効果が抜群なので、先取りしておきましょう。

Copyright© わかった!不動産 , 2019 All Rights Reserved.