「築30年」 一覧

築30年の中古マンションは購入してもよいのか?

築30年の中古マンションは購入してもよいのか?

当たり前ですが、新築マンションは綺麗で、最新の設備も整っているので非常に魅力的です。とはいえ、新築なりの価格なので、中古マンションに比べると格段にコストがかかります。20~30代の方で、50年以上ずっと住み続けるつもりであれば、新築(又は築浅)のマンションもよいでしょう。

しかし、あなたが40代以降の方であれば、築30年前後の中古マンションについて検討する価値は十分にあります。価格も手ごろなので、老後資金を蓄えることにもつながり、さらにマンション特有の立地の利便性も享受できます。

今回はいろいろとメリットの多い築30年前後の中古マンションについて、真剣に考えていきます。購入してもよい物件とはどんな物件なのか?落とし穴を避けるために確認したいことをご紹介します。

【中古住宅の売却】築30年を越えた木造住宅の売り方

【中古住宅の売却】築30年を越えた木造住宅の売り方・相場

木造住宅は、築年数が30年をこえてくると、いたるところにイタミが出てきます。そのような不動産を相続したときに、一度は考えるのが売却ですよね。とはいえ、国土交通省は木造住宅の耐用年数を27年から30年としているので、果たして価値があるのだろうか?と不安になってしまいます。
今回は、築年数25年~30年前後の中古住宅を売却する方法について解説します。中古住宅の売却では、不動産業者と話を進めることになります。最近では減りましたが、悪徳宅建業者がいまだにいるのも事実です。彼らは言葉巧みにあなたを騙そうとしますので、最低限の知識を備えておきましょう。
今回の記事では、ある相談をベースに解説をすすめます。実際に売却に繋がった方法のひとつですので、あなたの不動産売却にもヒントになる部分があるはずです。損を防いで、利益を拡大しましょう!

Copyright© わかった!不動産 , 2019 All Rights Reserved.